今日の良き物

【レビュー】オカムラ Contessa Ⅱ[コンテッサ セコンダ]を1年使った感想

スポンサーリンク

メイン画像

https://thomsonlifelog.com

デザイン良し、性能良し

Contessa Ⅱ[コンテッサ セコンダ]はすべてのデスクワーカーにおすすめできるワークチェア

コロナウィルスの影響で在宅ワークが増えたので2020年の6月頃に岡村製作所の最上級オフィスチェア「コンテッサセコンダ」を購入しました。

コロナ禍に突入してから帰省もしていないし出張もしておらず、1年間ほぼ毎日座り続けました。

そこでこの記事では、1年間座り続けて気づいた良い部分や悪い部分を紹介していこうと思います。

コンテッサセコンダとは

コンテッサセコンダ2002年に発表されたokamuraの最上位ワークチェアContessaの後継機。

美しいフレームラインの初代Contessaの独創的なフォルムを守りながら、機能と強度を大幅にアップグレードされたセカンドモデルです。

様々な姿勢に応える優れたフィット感とカスタムの幅広さだけでなく、手元でほとんどの操作を完結できるスマートオペレーションは本当に便利。

また、この美しいデザインはイタリア・トリノに本社をおく世界的屈指のデザインファームであるインダストリアルデザインの名門“ITALDESIGN”とオカムラとの共創から生まれたコラボレーションモデル

このデザインに惹かれて買ったと言っても過言ではありません。

コンテッサセコンダにした4つの理由

ココがポイント

  • デザインが美しい
  • ワークチェアに必要な機能が全て搭載されている
  • スマートオペレーションがとにかく便利
  • 座り心地が自分に合っていた

デザインが美しい

背面画像

国内のインダストリアルデザインでは中々見られない流麗で美しいデザイン

この椅子のデザインを手掛けているのはジョルジェット・ジウジアーロというイタリアの超有名なインダストリアルデザイナー
ジウジアーロで特に有名なデザインというとやはりバック・トゥ・ザ・フューチャーに登場する「デロリアン」でしょう。

このジウジアーロこそがイタルデザインの設立者です。

アルミフレームの絶妙な曲線はさすがジウジアーロと言える天才的なラインだと思います。

流れるような曲線や曲面は美しさと違和感が紙一重で、デザインの難易度が非常に高いです。
これほど美しく、しかもアルミのダイキャストという贅沢な工業製品は中々お目にかかれない物なのではないでしょうか。

またコンテッサセコンダの外観は、ビスなどのような「見えてほしくない部品」が外観に出てきておらずスマートです。

僕は日本のメーカーで工業デザイナーとして働いているのである程度はわかるのですが、日本の製品はビスを平気で外に見せます。
組み立てやすさや修理のしやすさ、コストを優先されてしまうことがほとんどです。

イタリアの美意識は本当に高いですね。

参考に、下の2枚を見比べてみてください。

同じ高級ワークチェアに分類されるエルゴヒューマンPROとの比較です。
わかりやすい例があったので今回は比較していますが、エルゴヒューマンPROも人間工学に基づいた非常に座り心地の良い椅子です。
比較画像小さくてわかりにくいのですが、エルゴヒューマンPROは背もたれの樹脂の部分に多くのビスが見えています。
一方でコンテッサは見事に1本も外観に現れていないボルトレスデザインです。

加えて、椅子を支えるフレームやアームレストといった機能部品ですら美しいデザインに仕上がっています。

どこを見ても徹底されたデザインです。
細かい部分ですが、このような積み重ねが素晴らしいデザインにつながるのだと思います。

オフィスチェアに必要な機能が全て搭載されている

オフィスチェアは価格帯によって搭載されている機能が違います。

座面の昇降とリクライニングは大体のチェアに搭載されています。
しかし、安価なモデルだとリクライニングはできるが固定はできなかったりアームレストは固定式だったりするのです。

一方で、コンテッサには以下のようなあらゆる機能が搭載されています。

  • 座面位置の上下調節
  • リクライニング固定
  • リクライニングの強弱調整
  • 座面の前後スライド調整
  • アームレスト高さ調整
  • アームパッド角度調整
  • アームパッド左右調整
  • ランバーサポートの調節
  • ヘッドレストの角度調節(小型ヘッドレストのみ)

コンテッサに無い物と言えばオットマン(足置き)くらい

アームパッド

アームパッド

アームパッド一つにしても左右上下、回転と調整の幅が非常に広いです。

スマートオペレーションがとにかく便利

スマートオペレーションコンテッサは機能のほとんどが手元で操作できます。これが非常に便利
これに慣れてしまうともう戻れない。それくらい楽に操作できます。

スマートオペレーションでは以下の操作が可能です。

  • 座面位置の上下調節
  • リクライニング固定
  • アームレスト高さ調整
  • アームパッド角度調整

ポイント

因みに最高級オフィスチェアのハーマンミラーのアーロンチェアですら座面の下での操作がメイン

座り心地が自分に合っていた

これに関してはフィーリング

合っていた理由の一つは、アームレストや座面の位置をかなり柔軟にカスタムできるからだと思います

座り心地に関しては人それぞれなので必ず試座することをお勧めします。

1年使った感想

「とてもいい座り心地で快適」ではなく「全然疲れない」

個人的な感覚ですが「とてもいい座り心地で快適」というよりかは、
一日の仕事が終わった時に「あれ、そういえば全然疲れていない!」と感じます。

それまでは、腰がつらくて背伸びをしたり寝転んだりしていたのですが、そういったことが一切なくなりました。

正しい姿勢だと疲れも少ないと実感できます。

座面のヘタレについて

劣化詳細

毎日座って毛玉がついてきた

座面は全くヘタレない。

コンテッサセコンダには「異硬度クッション」という、前方と後方で硬さの違うクッションが採用されています。
これにより絶妙な座り心地となっています。

ココがポイント

  • 前方太腿側:圧の掛からない柔らかいウレタン
  • 真ん中:やや硬めのウレタン
  • 臀部を支えるお尻まわり:硬めのウレタン

オカムラが自信を持ってアピールするだけあって今のところ全くヘタレる様子はありません。

劣化した部分と言えば、表の生地の太ももあたりに毛玉が発生してきたことぐらいです。

クッション詳細

参考:okamura

コンテッサセコンダの『良いところ』

ココがおすすめ

  • スマートオペレーションがとても快適
  • 美しいデザイン
  • いろんな座り方に対応できる

スマートオペレーションに慣れてしまうと他の椅子には戻れないでしょう。
さっと操作できるので集中力も途切れなくてノンストレス

座面も広めなのであぐらもかけるので、ソファよりも楽に感じます。

デザインは言わずもがな。
是非他の椅子と比べて見てみてほしいです。

コンテッサセコンダの『イマイチなところ』

ココがイマイチ

  • 背面の埃の掃除が面倒
  • ヘッドレストは長時間リラックスには不向き
  • かなり重い

背面の埃の掃除が面倒

埃の画像

撮影用に長期間放置したらこんな感じになった。汚すぎる

これはメッシュの宿命

座っていると服がメッシュにこすられて大根おろしのように裏面に大量のホコリが溜まっていきます。

定期的にホコリ取りやウェットティッシュでの掃除が必要です。

ただし、おそらくアーロンチェアなどの背もたれがメッシュの椅子ならこうなってしまうと思います。

ホコリ取り

ウェットティッシュ

掃除後の画像

ホコリ取りとウェットティッシュで簡単に綺麗になります。

座面

座面下

また、座面はカスタムすることができます。

座面もメッシュにすると間違いなく座面下にも埃がたまるでしょう。

座面の下は掃除が非常に面倒なので、注意が必要です。

ヘッドレストは長時間リラックスには不向き

大型ヘッドレストオフィスチェアは飽くまでデスクワークに特化した形状。

なので、リビングチェアのようにゆったり長時間くつろぐのには向いていません

ヘッドレスト
大型ヘッドレストは正しい姿勢になるように首を支える形状をしています。

頭を包み込む形状ではないのでリクライニングを倒して長時間頭を預けていると逆に疲れてきます。

小型ヘッドレスト

小型ヘッドレストはデザインが微妙すぎる

可動式の小型ヘッドレストもあるのですが、これはデザインが好みではありませんでした。
個人的にはこれならヘッドレスト無しの方が良いと思います。

ココがポイント

リラックスも作業も一つの椅子でしたいという方は注意が必要
その場合はワーク性能は少し落としてゲーミングチェアの方がいいかもしれません。

重い

脚の画像本体重量は30kg

アルミの塊がふんだんに使われているので仕方ないのですが、引っ越しの時にとても苦労しました。
納品の時も大人二人で運搬していたので、一人で持つのは大変でしょう。

ですが、それは安定感とのトレードオフなので頻繁に持ち上げる必要のない人は心配いりません。

重さのおかげでリクライニングを倒し切ってもとても安定しているので良い部分でもあります

【おまけ】コスパなら『Sylphy(シルフィ)』が上

オカムラ シルフィ

引用:okamura

流石に20万円近くするコンテッサは高いという方には少し安価なシルフィもオススメです。

実際に比べてみたところ、
機能に大きな差は無いのでコスパはシルフィの方が圧倒的に上だと感じました。
なんならリクライニングの反発はシルフィの方が好みでした。

コンテッサのデザインに魅力を感じない人はシルフィで問題ないと思います。

主な違いは以下のような感じです。

ココがポイント

  • 背もたれのカーブを変えられる
  • カラバリが豊富
  • 大半が樹脂製
  • スマートオペレーション非搭載

まとめ

環境イメージ画像かなり高額な買い物だったのですが、もう元はとれたのではないかと思うほど愛用しています。

一日中動き回る方には少し高い買い物かもしれませんが、
デスクワークがメインの方や在宅で椅子に座る時間が増えた方には全力でおすすめしたワークチェアです。

買えば必ずQOLが上がると断言できます。

椅子と寝具にはお金をかけた方が良いというのは本当のようです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-今日の良き物
-, , , , , , , , , , , ,