ガジェット

【レビュー】クリエイター必見の最強左手ツール『Loupedeck CT』レビュー

スポンサーリンク

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

多分、現状最強の左手ツール

ブラックフライデーセールで購入した『Loupedeck CT』

液晶ボタンもダイヤルもボタンも付いててコンパクト
しかもカスタム無限大でほぼ何でもできるアイテムです。

Adobeユーザーは必見のガジェットでしょう。

できることがかなり多いので、まずはファーストインプレッションレビューをしていこうと思います。

細かな使い方などはこちらの記事をご覧ください!

合わせて読む
アイキャッチ
最強左手ツールLoupedeck CT(ループデックCT)でできること

続きを見る

Loupedeck CTとは

Loupedeck CT

Loupedeckから販売されている、いわゆる『左手ツール』
キーボードに代わるコマンド入力の手助けをしてくれるコンソールです。

各アプリのショートカットを登録しておいて、ボタン一つであらゆる操作が可能になります。

その中でもLoupedeck CTは、液晶画面も搭載した最上位モデル。

できることと外観を詳しく見ていきましょう。

Loupedeck CTでできること

Loupedeck CT

ループデックはショートカット登録できるだけのデバイスではありません。

マクロを組んだりテキストを登録したり、サウンドを鳴らしたり
想像以上に何でもできます。

ほとんどのコマンド入力は左手で完結すると言っていいでしょう。

主に以下のようなアクションに対応しています。

  • ショートカット
  • アプリを開く
  • ファイルやウェブページを開く
  • サウンドを鳴らす
  • テキストを貼り付ける
  • マクロを組んで複数のワークフローを自動化する
  • ダイヤルに各操作を割り当てる
  • 最大5つのアクションをボタンを押すたびに順番に実行
  • Windowsのシステム操作
  • マウスの移動・クリックなどの操作

ざっと上げただけでもこれだけあります。

余程複雑な操作でない限り、自動化できてしまいます。

よく使う数字やテキストもボタン一つで入力できるのは非常に便利です。

外観

Loupedeck CT セット内容

Loupedeck CT

片手で持てるくらいコンパクトで軽量(365g)

Loupedeck CT

接続ポートはUSB-C

Loupedeck CT 側面

傾斜は非常に緩やかでほぼフラットといった印象。

Loupedeck CT ダイヤル

トップパネルやダイヤルはアルミで高級感があります。
価格が高いだけありますね・・

Loupedeck CT ボタン

キーストロークはスコッとしっかりめ
MacBookよりも重いです。

ガラスシートも購入

Loupedeck CT ガラスシート

Loupedeck CT ガラスシート

端が浮いてしまいます

どうしても端が浮くので見た目は悪くなっちゃいました。
ですが、液晶ボタンは押しまくるので貼っておいた方が無難かと思います。

実際、かなり指紋などが付着するので貼って正解でした。

専用トラベルケースもあります

Loupedeck CT Travel Case

Loupedeck CT Travel Case

引用:Loupedeck

私はデスクトップPCなので購入していませんが、専用トラベルケースもあります。
フェルトで可愛いデザインですね。

ノートPCの方には便利なアクセサリーでしょう。

キーボード&マウス操作が体感8割減

どのアプリも、キーボード操作はほぼしなくなりました。
マウス操作はトーンカーブやHSLカラー調整で使いますが、こちらもかなり減少。

特にLightRoomでの作業は格段に効率化されました。
やはりカラーグレーディングで特に効果が発揮されるようです。

マウスで細かく調整する必要が無いのは大きいですね。

編集画面だけを見ながら直感的に操作できる

今まで編集するときは、

『パラメータ⇒画像⇒パラメータ・・』

というように交互に視点を切り替えて編集していました。
ですがLoupedeck CTはダイヤルが物理なので手元を見る必要がありません。

ずっと編集画像だけ見て直感的にカラーグレーディングできます。

目も疲れませんし、マウスを細かく移動させる必要もありません。

3つの悪いところ

全体的にかなり完成度の高いコンソール。
ですが、気になる部分が3つあったので紹介していきます。

センターホイールがシームレスなのでかなり操作しづらい

Loupedeck CT ホイール

6つのダイヤルみたいにクリックにしてほしかったです。

画像送りをするときも、目的の画像を飛ばしてしまうこともしばしば。
LightRoomで次の画像にサッと移動できそうで便利なのに、勿体ないです。

今のところあまり使いやすくありません。

WEBスクロールはシームレスに動いてほしいので、ネットサーフィンでは便利です。

ホイールに隠れるボタンが押しにくい

使用イメージ

センターホイールに高さがあるので3・4・5ボタンが押しにくいのが気になります。

しかもよく使う【3:Ctrl】【4:Alt】【5:command】なので少しストレスです。

日本語表記が結構乱れる

Loupedeck アプリ

Loupedeck アプリ

元々海外の製品なので、日本語表記は結構バグります。
枠内に入っていなかったり重なっていたりと酷い箇所もあります。

全てカスタム可能なので自分で作れば解決ですが、キリがないので諦めています。

ブラインド操作をできるようになる方が早いですね。

『最強の左手ツール Loupedeck CT』まとめ

Loupedeck CT 使用イメージ

左手ツールといえばTourBoxOrbital2が有名ですが、Loupedeck CTは一つ上を行くコンソールだと思います。

ソフトとハードが作りこまれていて、汎用性の高さが非常に高いです。
後は、単純に画面があるのは直感的にわかりやすくていいですね。

ブラインド操作できるようになるまでがっつり使い込んでいこうと思います。

さらに詳細に紹介した記事はこちら

合わせて読む
アイキャッチ
最強左手ツールLoupedeck CT(ループデックCT)でできること

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-, , ,