ガジェット カメラ

【レビュー】ポケットライトならこれがオススメ『NANLITE LitoLite 5C』

トップ画像

https://thomsonlifelog.com

物撮りはメインライトとこれだけでいける

撮影をするときに「もう少し部分的に明るくしたい・・」と思うことがある
そんな時に役立つのがポケットライト

しかし、中国製のポケットライトがあふれかえっていて、どれを買えばいいかわからない

そこで、以前記事にしたPavoTube II 6Cがよくできていて使いやすかったので今回もNANLITEのライトにしたのだが、買って正解だったので紹介していきたい

この記事をまとめると

  • 小型軽量なのに十分なパワー
  • 多彩な光で表現力も申し分ない
  • 『Manfrotto  PIXI EVO』との組み合わせは最高
  • 起動が少し遅い
合わせて読む
トップ画像
【レビュー】コンパクトなスティック型ライトならこれが良い『NANLITE PavoTube Ⅱ 6C』

続きを見る

セット内容&外観

箱外観

内容物セット内容はこんな感じ
磁石やポーチなど、必要なものは全て入っている
ポーチとかは使う予定ないのに入ってたら嬉しい

外観イメージ非常にコンパクトなポケットサイズ
重さは138g

外観テクスチャカーボンみたいなテクスチャが良いアクセントになっている
シール貼りすぎ

LEDLEDは一粒がかなりでかい

ライトイメージコンパクトなのに光は直視できないくらい強い

明るさは0.3mで6582lx(5600K時)
デスクライトの光源直下で1000lx~2000lxなので相当明るい

ディフューザー

影を柔らかくするディフューザーも付属
これは必須

ボタン

操作系は5つのボタンのみ
チープだが押しやすい

シール画像

相変わらずシールの貼り方超適当
剥がしやすいように端っこに貼ってあるのは気のせいか

USB-C端子

充電はUSB-C

排気口イメージ

排熱の為に全方向に穴が開いている

操作画面

液晶画面はPavoTube II 6Cと完全に同じ
新しい使い方を覚えなくて非常に良い

操作方法&機能

基本的な操作方法やUIはPavoTube II 6Cと同じ

色温度を設定できるモードやカラーライト
またはエフェクトなど、多彩なモードがある

用語や操作方法はこちらの記事で詳しく紹介しているので是非参考にしてほしい

合わせて読む
トップ画像
【レビュー】コンパクトなスティック型ライトならこれが良い『NANLITE PavoTube Ⅱ 6C』

続きを見る

撮影の補助に最適

使用イメージ

こんなことができる

  • 暗い部分を明るく持ち上げる
  • ハイライトを入れる
  • カラーハイライトをつける

サブライトとしての運用にピッタリなアイテム

基本的には『メインライト(または自然光)+ LitoLite 5C』での運用がオススメ

影になっている部分を照らして形状を良く見せたり
ハイライトを入れて立体感を出すことができる

使用イメージ

海外系レビュー動画でよくあるような青や赤のハイライトを入れたりするのも簡単だ

コンパクトで操作しやすくて良い

例えばこんな感じでつかえる

例えばの使い方をマウスで解説していこうと思う

まずはメインライト一灯で撮影

マウスの写真1

メインライトのみの撮影

際立っておかしな部分はないが、サイドホイール辺りが影になっていて立体感やディテールがわかりにくくなっている

次はリトライトを横に置いて撮影

使用シーン

このように横に置くだけでOK

マウスの写真2

影になっていた部分が明るくなっている

サイドホイール付近にハイライトが入ることで、曲面の形状がわかりやすくなった
やりすぎるとのっぺりしてしまうが、レビューでは形状がしっかりわかるように撮りたいので重要だ

最後におまけでカラーライトも入れて撮ってみようと思う

マウスの写真3

HSIモードで色を入れるとこんな感じになる
背景を黒にしたりすることで良い感じのガジェット写真が撮れそうだ

『Manfrotto  PIXI EVO』との相性が抜群に良い

ミニ三脚と接続

LitoLite 5Cを買うなら必須のアイテム

PIXI EVOがあるとライトを高い位置に固定できる
物撮りをするなら特に必須アイテムだと思う

手持ちイメージ

さらに、脚を閉じることで手で持つこともできる
非常に使いまわしがしやすくなるのでオススメだ

また、カメラの上に取り付ける場合はスモールリグのモニターマウントがあれば本当に完璧
これは僕もそのうち買おうと思う

【デメリット】電源のオンオフが面倒

電源ボタンイメージ

電源ボタンの機能

  • 長押し:電源のON/OFF
  • 単押し:ライトの消灯(電源ON時のみ)

パッとつけてパッとオフ、ができない

まず、極度のめんどくさがりの僕には長押しがすごく面倒

また、ライトの点灯時に一回押すと、電源をONのままライトを消灯してくれる
これは一時的に消しておくときなどに便利なのだが、電池はゆっくり減っていくので置いておくと15時間ほどで電池がなくなる

そしてこの『一時消灯』の仕様が非常に厄介

『一時消灯』の仕様

  • 『一時消灯』時に電源OFF:次に電源ONにした時に、光量を0→100へボタンを押し続けて上げなおさないといけない
  • 点灯時に電源OFF:次に電源ONにした時、以前点灯していた光量を維持したまま点灯する

この仕様が原因で、
誤って一時消灯したまま電源をOFFにしたり電池が切れると、次につけるときに時間がかかって非常にめんどくさい
性能に関わる部分ではないのだが、撮影のテンポが悪くなってしまう

因みにこの仕様はPavoTube II 6Cでも同じだ

まとめ

どれを買ったらいいかわからないなら『LitoLite 5C』がオススメ

Amazonなどでは中国性のコンパクトライトが溢れかえっている
どれを買えばいいかわからなかったのでずっと買っていなかったのだが、ようやく見つけたといった感じだ

性能や作りなど申し分なく、非常に満足している

物撮りやポートレートをする人は勿論、WEB会議などで使っても良いだろう

因みに次に欲しいライトは『
室内で撮影するときにもう一つ強力なメインライトが欲しいと思うようになってきた

でも高い・・

合わせて読む
トップ画像
【レビュー】コンパクトなスティック型ライトならこれが良い『NANLITE PavoTube Ⅱ 6C』

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-ガジェット, カメラ
-, , , , , , , , , , ,