ガジェット

【レビュー】モバイルバッテリーにもなる充電器『Anker PowerCore Fusion 10000』レビュー 『PowerCore III Fusion 5000』との違い

スポンサーリンク

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

バイルバッテリーの中で一番好き

今や必須アイテムのモバイルバッテリー
その中でも僕が一番好きな『Anker PowerCore Fusion 』シリーズ

バッテリー搭載USB充電器と呼ばれる物で、モバイルバッテリーとしても充電器としても使える優れ物
しかもバッテリー本体に充電するときはコンセントにさすだけで充電できるのでアダプタやケーブルを持ち歩かなくていい

そんなPowerCore Fusionシリーズ最大の容量を誇るPowerCore Fusion 10000を購入したので紹介していこうと思う

すでにPowerCore III Fusion 5000も持っているので、サイズや仕様などを詳しく比較していきたい

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000

ANKER公式HP

PowerCore Fusion 10000

内容物

USB急速充電器とモバイルバッテリーを兼ね備えたAnker PowerCore Fusionシリーズの最上位モデル

最大出力は20W

外観

サイズ感イメージ

充電器も兼ね備えてることを加味すると、決して大きすぎないサイズ感

外観

外装はかなりプラスチッキー
結構チープな印象

ポート詳細

ポートはUSB-CとUSB-A

ボタン詳細

ボタンはアルミ製で高級感がある

仕様

サイズ約82 ☓ 82 ☓ 35mm
重さ約278g
入力100-240V 0.7A 50 - 60Hz
出力USB-Aポート:5V=2.4A | USB-Cポート:5V=3A / 9V=2.22A
バッテリー容量9700mAh
満充電までの時間約4時間(※充電時間はAnker調べ)
合計最大出力・20W (USB-Cポート単体充電時) | ・15W (2ポート同時充電時)
対応機種スマートフォン
- iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max / iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE (第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
- Galaxy S20 / S20+ / S20 Ultra / S10e / Note10 / Note10+ / S9 / S9+ / S8 / S8+ / Note 8 他
- Pixel 5 / 4 / 4a / 4 XL / 3 / 3 XL 他
- Nexus 6P / 7 他

タブレット端末
- iPad mini (第6世代) / iPad (第9世代) / iPad Pro (12.9インチ)(第5世代) / iPad Pro (11インチ)(第3世代) / iPad Air (第4世代) 他

その他対応機種
- Apple Watch 他

参考:https://www.ankerjapan.com/collections/charger-fusion/products/a1623

注意ポイント

急速充電するには対応したケーブルを使う必要があるので注意が必要

最大20Wは決して高くないので注意が必要

PC充電イメージ

PCで使うにはパワーが足りない

PowerCore Fusion 10000は最大出力は20W

MacBookは無印でも最低30Wを求められるのでパワー不足で使えない
購入するときは注意が必要だ

活用できるものはスマホやスマートウォッチ、カメラ等がメインだろう

iPhone端末別 各充電方式の最大充電W

 有線充電MagSafe充電Qi充電
iPhone13Pro Max最大27W最大15W最大7.5W
iPhone13Pro最大27W最大15W最大7.5W
iPhone13最大20W最大15W最大7.5W
iPhone13 mini最大18W最大12W最大7.5W
iPhone12Pro Max最大23W※最大15W最大7.5W
iPhone12Pro最大23W※最大15W最大7.5W
iPhone12最大20W最大15W最大7.5W
iPhone12 mini最大18W最大12W最大7.5W
iPhone8~11最大18W非対応最大7.5W

参考:https://greens-one.com/iphone-ipad-maxw/11111/#toc5
※iPhone12Pro/Pro Maxの数値は、ユーザー測定値からの推測値になります。

iPhone12以降のモデルでは20W以上に対応している物が多い
残念ながらFusionシリーズ20W以上の出力のモデルは存在していない

最速で充電したいのであれば『Anker Nano II 45W』『Anker PowerPort Atom III 65W Slim』などの高出力モデルをオススメする
因みに僕は後者を使っているが、本当に充電が早くてびっくりする

PowerCore III Fusion 5000との比較

大は小を兼ねる。このサイズ差ならFusion10000がオススメ

比較イメージ

容量は2倍なのに、意外とそこまで大きな差はない

比較イメージ2

Fusion10000は外装の勾配がかなりきつくてひし形っぽくなってるのがあまり好きではない

比較イメージ3

比較イメージ4

外装はFusion5000の方が光沢があって上質

サイズ比較5

仕様の違い

仕様面でも比較しておこう
容量だけでなく出力も微妙に異なる

 

PowerCore Fusion 10000

PowerCore III Fusion 5000

サイズ約82 ☓ 82 ☓ 35mm約78 x 71.5 x 30mm
重さ約278g約176g
入力100-240V 0.7A 50 - 60Hz100 - 240V~0.6A 50 - 60Hz
出力USB-A:5V=2.4A | USB-C:5V=3A / 9V=2.22AUSB-A:5V=2.4A | USB-C:5V=3A, 9V=2A 
バッテリー容量9700mAh4850mAh
合計最大出力20W (USB-Cポート単体充電時) | 15W (2ポート同時充電時)18W (USB-Cポート単体充電時) | 15W (2ポート同時充電時)
満充電までの時間約4時間(※Anker調べ)約2時間40分 (※Anker調べ)

まとめ

使用イメージ

実はぐちゃぐちゃ

行はこれ一つで安心

旅行のときもFusion5000を持ち歩いていたのだが、最近のスマホはバッテリー容量が多いので一回充電したら空っぽになってしまう
なので、これからはFusion10000を持って行こうと思う

普通に使っていたら日中だけで10000mAhを使い切ることはほぼ無いだろう

確かに少し重いが、バッテリーとアダプタとケーブルを持つよりかは全然ましだ

持ち物をできるだけ減らしたい人にも是非お勧めしたい

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-, , , , , , , , , ,