ガジェット

【レビュー】ロジクールのパームレストを買ったら腱鞘炎が治った話

スポンサーリンク

アイキャッチ

パームレストはいるのか、いらないのか。

答えは『いる』でした。

やっぱり対策なしでは腱鞘炎になりました。

今回の記事では手首の負担を軽減するために購入したロジクール パームレスト MX10PR』を紹介していこうと思います。 

ロジクール パームレスト MX10PR

パッケージ

内容物

柔らかさ

思ったより薄い。
素材は低反発ウレタンフォーム。

質感は非常にサラサラで腕滑りは抜群

背面

背面はラバー製でデスクに食いつくようになっています。

薄いと思ったら、実はMX KEYSに最適な厚みらしい

側面

あれ、思ったより薄い・・

と思いましたが、どうやら『薄型キーボード用デザイン』のようです。

圧迫感が無いのは良いですね。

推奨キーボードは『MX KEYS(KX800)』『Craft(KX1000s)』

今回私が使うのはMX MECHANICAL』ですが、全く問題なく使えました。
後から詳しくご紹介いたします。

腱鞘炎のメカニズム

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)|ユービケア|小林製薬

引用:小林製薬

親指を伸縮させる「腱」と、その腱を包むトンネル状の「腱鞘」が擦れて炎症を起こしています。

腱鞘炎のメカニズムって意外と簡単なんですね。

症で腱鞘炎だそうです。

こんな人は腱鞘炎になりやすい

MacBook Proを使っている人

ココがポイント

・パソコンを多く使う人
・文字を多く書く人
・ピアノやギターなどの楽器を多く使う人
・テニス、野球、ゴルフなど

このように、手先を多く使う人がよくなります。
特に、いびつなフォームで作業してしまっている人は腱鞘炎になりやすいですね。

私はテニスを昔からやっており、PCも10年以上毎日使っています。
ですがキーボードを変えるまで一度もなったことはありませんでした。

新しいキーボードは気に入っているのですが、手首の角度が無理していたのだと思います。

使っているキーボード

使用キーボード

因みに使っているキーボードはこちらのふたつ。

仕事用と自分用です。

因みに腱鞘炎の原因になったのはMX MECHANICAL』
初めてのメカニカルなので、変なフォームで使っていたのだと思います。

でも打鍵しやすいんですよね・・

合わせて読む
アイキャッチ
【レビュー】最高のメカニカルキーボード『MX MECHANICAL』『MX KEYS』と比較レビュー

続きを見る

合わせて読む
【レビュー】『MX Master 3』『MX KEYS』はマウスとキーボードの完成系の一つ

続きを見る

使いだしてから痛くなくなった

フォームが綺麗になった。多分

ほんの数cmの差なのに効くものですね。

手首がしっかり固定されているので、手首から先だけを動かすだけでタイピングできて非常に楽。

次に、考えられる改善した理由を紹介していきます。

大切なのは、手首に変な角度が付いていないこと

手首イメージ

手首の角度(パームレストあり)

以前は、高いキートップを押すために手首を結構曲げて使っていました。
恐らくこの姿勢が良くなかったのだと思います。

腱が腱鞘に擦れてしまっていたのでしょう。

一方でパームレストを使うと、手首の位置が上がるので屈曲がストレートに近くなります。

脱力した状態でタイピングできる状態が理想ですね。

『ロジクールのパームレストを買ったら腱鞘炎が治った話』まとめ

使用イメージ

キーボードは毎日使う物なので中々治らず、長い間湿布を貼っていました。

本当はデスクに物を増やしたくないのですが、買って良かったと思います。
健康の為なら仕方ないですね。

パームレストって目立つデザインの物が多いのですが、
ロジクールは薄型で悪目立ちしないのが良いですね。

気になる方は是非。

合わせて読む
アイキャッチ
【レビュー】最高のメカニカルキーボード『MX MECHANICAL』『MX KEYS』と比較レビュー

続きを見る

合わせて読む
【レビュー】『MX Master 3』『MX KEYS』はマウスとキーボードの完成系の一つ

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-,