ガジェット カメラ

【レビュー】日帰り旅行におすすめ。カメラも入る多機能バッグ『Aer Day Sling 3』

スポンサーリンク

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

カメラボディも入る。
トラベルにぴったりなハイスペックバッグ

ガジェットを多く収納できるバッグと言えば『incase』や『Peak Design』『cote&ciel』などが有名だと思います。
ポーターでもいいかもしれないですね。

今回は『カメラのレンズが入るバッグ』を探していたのですが、リュックは背中が汗だくになるから好きじゃないのです。

そこで、前から目を付けていた『Aer(エアー)』のバッグが良さそうだったので『Day Sling 3(デイスリング3)』を購入しました。

なぜデイスリング3にしたのか。
収納性能使った感想などを詳しく紹介していこうと思います。

ココがポイント

  • 大容量なのにコンパクト
  • 頑丈なナイロンなのでハードに使える
  • 収納スペースが多くて無駄が無い
  • 都会的でおしゃれ
  • 外側は止水ファスナーで防水性も高め

Aerというブランド

タグ

Aerはサンフランシスコベイエリアを拠点に2014年に都市におけるジムとオフィス向けバッグを一つの現代的なデザインにするクラウドファンディングプロジェクトから誕生しました。
Aerは現代におけるニーズを満たす新たな視点を提案し、都市生活をよりシンプルに豊かにすることを使命としています。
日々変わりゆく都市を行き来するプロフェッショナル、アスリート、トラベラー向けに様々なシーンの移動や旅にふさわしいコレクションを創造していきます。

一言で言うなら、モダンでアーバンなブランド

結構前から存在したブランドのようなのですが、僕は最近知ったばかりです。

販売している製品のジャンルや方向性はincaseと似ている気がします。

強力なナイロンが使用されていたり、収納力が高かったり。
ガジェット好きに好まれる製品が多い印象ですね。

個人的にはAerの方が武骨な印象があって好きです。

一方でincaseはApple公認というだけあって非常にスマートな印象のあるブランド

Aerの3つのこだわり

  • Simplicity(シンプル)
  • Utility(実用性)
  • Durability(耐久性)

Aerには3つのこだわりがあります。
それは、シンプルで実用的で頑丈な製品であること。

これはバッグを見たらすぐにわかります。

収納に無駄がなく、使いやすい位置にポケットやフックが備えられている高い実用性。

止水ファスナーなど機能性にも抜かりありません。

Day Sling 3(デイスリング3)

デイスリング3

今回僕が買ったDay Sling 3は、旅行用にデザインされた多目的スリングバッグ

カラーはブラックとグレーの2色展開

外観や収納を細かく見ていこうと思います。

サイズ

Length: 29cm
Width: 15cm
Depth: 7.5cm

ナイロン生地

メインの生地は『700D コーデュラナイロン』

700Dの『D』はデニールという単位で、頑丈さのことを指します。

そして『コーデュラ』はナイロンの約7倍もの強度を誇る耐久性に優れる繊維のことです。

とりあえず、相当頑丈な繊維という認識で問題ありません。

メインコンパートメント

メインコンパートメントは大きく開いて物を取りだしやすいようになっています。

マチもそこそこ広いので見た目以上の収納力

サイドポケット

インナーポケットには小説のような薄い物や束ねたケーブル、パスポートなどをさっと入れられそう。

インナーポケット

ここも小説くらいは入る

ファスナー付きのポケットもあります。
ここにはメモリーカードや貴重品など、小さな物や不意に落としたくない物を入れるのに良さそうですね。

インナーポケット

ゴムでのびるポケットが内側に4つついています。
このポケットはカメラ用バッテリーや充電器などを入れるのにちょうどいいサイズ感です。

バックポケット

体側にあるバックポケット

このポケットは少し入り組んだところにあるので、落としたくない貴重品を入れるのに良さそうです。
ただし、少し取り出しづらい。

カラビナ

フロントポケットの中にはカラビナが付いています。
鍵やAirTagなどを付けておくと便利そうですね。

スノボに行ったときは1Dayパスを付けてもいいかも

バックル

バックルはマグネット式となっています。

スライドさせるとスコッと気持ちよくロックされるので快適

フック

引っかけようのフック

新幹線やトイレなど、吊っておきたいときにこのようなフックは意外と便利です。

このバッグにした理由

内容物

これだけ入るのすごいと思います

ココがポイント

  • 大容量なのにコンパクト
  • 都会的でおしゃれな見た目
  • 非常に頑丈な作りで安心

大容量でありながら、大きく見えないように工夫されたデザイン

デイスリング3は、オシャレなだけでなく容量と大きさのバランスが非常に良いバッグです。

実は以前に、incaseの『drone sling pack』というショルダーバッグを持ってました。
ですが、このバッグは容量以上にバッグが大きく見えすぎて持ち運ぶのが嫌になり使わなくなってしまったのです。

drone sling pack

参考:https://incasejapan.com/

上の画像のバッグのように『箱型』のバッグは想像よりもかなり大きく見えてしまう特徴があります。

一方、デイスリング3は断面が三角形に近い形となっているので、そこまで大きく見えません。

正面はふっくらと膨らんでいるので容量も十分です。

側面画像

充実した収納力と痒い部分に手の届く使いやすさ

収納状態

収納が少ないバッグって、入れる場所に困るし無駄なスペースが生まれるんですよね・・

ですが、デイスリング3は収納が非常に多いので、入れる場所選びに困りません。

財布や鍵など貴重品はバックポケット、すぐに取り出したいものはフロントポケット、
そして小説のような薄い物やケーブルのような長い物は内部ポケット・・

というように、無駄なく収納が可能です。

さらにフックやキーチェーンなど、あると意外と便利な機能が気が利いていて良いです。

因みに内側のポケットに入っているモバイルバッテリーは『Anker PowerCore III Fusion 5000』
サイズの参考になれば

カメラボディ収納

αシリーズも、レンズを外せば余裕で入ります

メインコンパートメントは止水ファスナーじゃない

止水ファスナー

止水ファスナーはフロントだけ

何故メインは止水じゃないのでしょうか。

気になる部分はこれくらい

なぜかメインコンパートメントは止水ファスナーではありません。
かなりぴちっと閉まるファスナーなので問題ないと思うのですが、なぜでしょうか・・

おそらく気にするほどではないと思うのですが、ここまで作り上げているなら全て止水にしてほしかったですね

スノボなどで使う人は注意が必要ですね。

スリングバッグの着こなしは難しい

着用イメージ

参考:https://aersf.jp/

スリングバッグやボディバッグを検索すると、
必ずと言っていいほど『ダサい』というワードが出てきます。

非常に便利なアイテムなのですが、確かに野暮ったいと言えば野暮ったい

着用イメージ

参考:https://aersf.jp/

どう使うかは人それぞれですが、僕はベルトを少し長めにして少し緩めに使おうと思っています。
下の女性の画像のような感じにして、前に持ってくるのが使いやすいです。

あとは、スポーティなデザインなので硬くなりすぎない格好で合わせたいですね。

まとめ

収納イメージ

ココがポイント

  • 大容量なのにコンパクト
  • 頑丈なナイロンなのでハードに使える
  • 収納スペースが多くて無駄が無い
  • 都会的でおしゃれ
  • 外側は止水ファスナーで防水性も高め

さすがトラベル用にデザインされたバッグなだけあって、無駄の無い性能です。

日帰り旅行ならこれで完璧だと思います。

連泊だとしても、バックパックをどこかに預けてデイスリング3に必要な物を詰め込んで楽しめます。

普段から充電器やガジェットなどを持ち歩いている人にオススメできるバッグです。

カメラ好きもそうでない人も、何かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット, カメラ
-, , , , , , , , , , , ,