GADGET

【レビュー】AirTagが遂に発売!Appleにしかできないその理由

トップ画像

2021年4月30日に、話題のApple AirTagがついに発売した。
噂だけは何年前から流れていただろうか?

前に1度、リュックごと電車に置き忘れて返ってこなかったことがあるので、こういった事態を防ぐために早く欲しいと楽しみにしていた。
しかも、一か月ほど前に鍵を無くしかけてヒヤッとしたので僕は鍵用に購入した

少し使ってみたが非常によくできたガジェットだ。さすがApple
物はいつ落としたり無くしたりするかわからない。
保険という意味も込めてとりあえず持っておくべきガジェットなのではないだろうか。

AirTag(Apple公式)



AirTagとは?

AirTagとは一言で言うと『紛失防止タグ』だ。

鍵に付ける。バッグに入れる。それだけで「探す」アプリがその持ち物を探し出してくれるのだ。

不意に訪れる「あれ!〇〇がない!」というときにすぐに探し出すことができる。
財布や鍵だけでなく、車やバイクなど盗難にあう危険性のあるものにそっと忍ばせておくだけで紛失した物が無事返ってくる可能性が大幅に上がるかもしれない。

パッケージ

パッケージ

開封

開封はビニールをピリピリとするタイプ

内容物

内容物はこれだけ、とてもシンプルだ

内容物

三つ折りになっていて、説明が書かれている

パッケージはいかにもAppleという感じ
シンプルな構成で無駄がない。プラスチックを大量に使う日本のメーカーも見習ってほしい。

外観

外観

まるで缶バッジだ

裏面イメージ

裏面は鏡面仕上げだ。これを外すと電池交換できる

レザーキーリング

パッケージ

僕は合わせて純正のレザーキーリングのブラウンを購入した。

開封

コチラも同じくピリピリタイプ

内容物

紙だけで固定されているエコパッケージ

外観詳細

リングに刻印が施されていてカッコいい

挿入方法

ボタンを開けてこのように入れる

外観

外観

レザーの質感は、ケースなどに使われるいわゆるAppleのレザーなのでそこまで質感は高くない。
使っているうちに端から剥がれていくのが想像できる。
値段もそれなりにするので、純正という価値以外は特にないと感じた。

長く使うという目的なら樹脂製の方がいいだろう。

パッケージ

パッケージ

自分用ではないが樹脂製ケースも合わせて購入した。
チープだが意外とかわいい。
レザーよりもこちらの方がハードに使うことができそうだ。

AirTag Hermès

エアタグエルメス

因みに、AirTag Hermèsというものも発売している。
人気のようですでに売り切れとなっているのだが、すべてエルメス仕様でとてもオシャレだ。

しかし、価格は35,800円(税込)からとなっており、一番高額な物で53,800円(税込)となっている。

AirTagは落とし物を追跡するガジェットなのだが、これでは財布やカバンだけでなくAirTag Hermèsも盗まれてしまうのではないだろうか・・・



使い方

初期設定

使い方はとても簡単だ。
絶縁シートを剥がしてiPhoneに近づけるだけでペアリングしてくれる。
後は手順に沿って設定すればOKだ。

ただし、iOS14.5にする必要があるのでそこだけ注意だ。

使い方使い方

設定方法近づけるとこのように表示される

設定方法そして名称を決めることができる。僕はKeyにした。

設定方法次にApple IDと紐づけしてくれる。

設定方法これだけで設定完了だ

使い方

基本的な追跡

使い方「探す」アプリを開く

使い方「探す」をタップする

使い方すぐに検索が始まる。この辺りのグラフィックが秀逸だ

使い方AirTagがある方角を指してくれる

使い方正しい方向に向かっていると画面が緑になる

使い方付近まで接近すると画面にAirTagが現れる

グラフィックの綺麗さも相まって非常に明快でわかりやすい。
機械に詳しくなくても誰でも簡単に探し出すことができる。

「探す」ネットワークでの追跡

使い方「探す」アプリを開く

使い方すると離れていても現在地が表示される

Bluetooth信号は通常数10m離れると接続が切れてしまう。
しかしこの「探す」ネットワークというのは、世界中に存在するiPhone、iPad、MacなどのAppleデバイスがAirTagの位置情報をiCloudに送信してくれる。
それを自分のデバイス上で確認できるということだ。

これをBluetoothだけで可能にするのは凄いことだと思う。
世界中に大量のユーザーが存在するAppleだからこそできる方法だろう。

しかし、人が全く通らない山道などはどのデバイスにも検出されないので発見は厳しいかもしれないので注意が必要だ。

紛失モードによる追跡

使用方法紛失したら「探す」アプリから紛失モードをONにしよう

使用方法内容を確認して手順通り進めよう

使用方法ここで連絡先となる電話番号を入力する

使用方法これで完了だ。検出時の通知はONにしておく方がいいだろう


落とし物のAirTagを見つけたらタッチすることで連絡先が表示される

使用方法

AirTagを紛失してしまったら紛失モードをONにしよう。
もしAirTagのネットワークを通じて発見されたら通知が届く。

また、紛失したAirTagを拾ってくれた人がAirTagにタッチするだけで設定した電話番号が表示される。
親切な人なら連絡してくれるだろう。

もし携帯の電話番号を知られるのが嫌な人はあらかじめ別の番号を用意しておくといいかもしれない。

例えばこんな使い方

使い方例

僕は鍵につけることにした

使い方例

ポーチに入れておいたり

使い方

鞄につけたり

使い方

財布に忍ばせたりもできる

財布やかばんのような盗難の恐れのあるものは奥の方に隠す方がいいのかもしれない。
その他に車やバイクに忍ばせておくのはいいアイデアだろう。

また、会社のPCや携帯を無くすといったインシデントはよく聞く。
そういった他人にも被害が出そうなものにはAirTagをがちがちに縛り付けておくことをお勧めする。

使ってみてどう?

使って一番初めに感動したのはその精度の高さだ。
「正確な場所を見つける」機能を使えば、10cm単位で正確に位置を教えてくれる。
物を無くすことはそう頻繁には起こらないが、もし紛失したとしても少し安心だ。

価格も高くないので、お守り程度に持っておいて損は無いアイテムだろう。

ぶら下げておくと可愛いのだが、財布のような盗まれる危険性の高い物はAirTagの電池を抜かれたり捨てられたりする可能性があるので、過信は禁物だろう。
AirTagをつけていても貴重品は無くさないようにしなければならない。

まとめ

AirTagイメージ流石Appleといえるよくできた製品だ。
物を無くした時にだけ真価を発揮する製品に4000円を割高と思うかどうかは人それぞれだが、
紛失した経験、またはしかけた経験がある僕にとっては非常にお得な価格だと思う。

しかもつけていても現代的なデザインでオシャレだ。

財布や高額な物などはAirTagを無効化して盗難される恐れはあるが、そういった悪人に見つかるより先に追跡して対処もできる。
とりあえず持っておいてまず損は無い製品だろう。

AirTagネットワークはシェアの多いAppleだからこそできる芸当だろう。
これを通じて紛失物が一つでも多く持ち主のもとに返却される優しい世界が訪れると嬉しい。

【5/4更新】刻印されたAirTagが届きました。

刻印AirTag

5/4に刻印ありで注文していたAirTagが届いた。
絵文字やアルファベットなどが選択可能で、最大3文字まで入力が可能だ。
僕は虫?のようなインベーダーのような絵文字を3つ並べた。かわいい。

発送も速いのでプレゼントなどの時は刻印を入れても良いのではないだろうか。

こちらの使い方は現在考え中だ。



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-GADGET
-, , , , , ,

© 2021 THOMSON.LIFELOG