CAMERA

【レビュー】PeakDesignの直営店限定のグッズが超カッコいい

https://thomsonlifelog.com

カメラ好きなら誰でも知っているのではないかと思うブランド『PeakDesign』

僕もそのユーザーの一人だ。
機能性もさることながら、デザイン性も非常に優れている
みんなが口をそろえて良いと言い使っているので、逆に使いたくない気持ちもあるが、他の製品では代用できない良さがある。

今回はそんなピークデザインが世界で2番目の直営店を3/26(金)に東京の銀座でOPENしたのだ。
しかも噂では限定モデルがあると聞いたので、会社は休みをとって初日に行ってきた。

限定品もしっかり購入してきたので店の雰囲気や特徴と合わせてレビューしていこうと思う。

※この記事の写真は一部PeakDesignのブランドサイトの物を使用しています。

【ブランドサイト】
https://www.peakdesign.com/

YouTubeはコチラ



PeakDesign(ピークデザイン)ってどんなブランド?

ブランドロゴ

ブランドイメージ

まずは、ピークデザインについて軽く触れておきたい。

ピークデザインは、2011年アメリカ発のブランドだ。
カメラアクセサリー以外にもスマホアクセサリーなども販売している。

元々は創業者であるピーターデリングが、写真を撮りたいと思った時に、止まって鞄からカメラを取り出して・・などとしているうちに撮りたいと思った瞬間はあっという間に去ってしまった・・という経験から、いつでもすぐに簡単にカメラにアクセスでき、かつ安全にそれを持ち運ぶ方法を考え、デザインし、プロダクトにしたのが始まりだ。

その後もユーザーだからわかる不自由なところを解決させるプロダクトを次々と生み出している。

また、冒頭でも触れたが、デザイン性が非常に優れているのも大きな特徴だ。

カメラアクセサリーと言ったら、バッグを筆頭に「いかにもカメラアクセサリーです」といったデザインの物が多く、購入するまでにかなり悩むことが多かった。
そんな中、ピークデザインのデザインは都会的でモダンなデザインの物ばかりだ
それだけでも十分なのに機能性も優れている。これは買わない理由がない。

ユーザーが本当に満足するプロダクトを作り続けている熱いブランドだ

【ブランドサイト】
https://www.peakdesign.com/

PeakDesign直営店に行ってきたよ

直営店は他と何が違うの?

一番大きな違いは『体験できる』『すべての商品がある』『限定品がある』の3つではないだろうか。

カメラやガジェット好きなら一度は行ってみると良いと思う。

体験できる

体験イメージ

気軽に使ってみることができるのが良い

ピークデザインの商品は一部の販売代理店やネットで購入することができるが、バッグなどの大型の商品はあまり見たことがない。
つまり体験して買える場所が少ないのだ。

しかし、直営店は大きなテーブルがあり、広げて製品をじっくり見て試すことができる
自分の機材などを持って行って使用感などを見てから購入することができるのだ。

すべての商品がある

店内イメージ

こんなに製品あったんだ、と驚くくらいたくさん並んでいる

ピークデザインの製品は一部の代理店で売られているのを見たことがある。
しかし、僕の知る限りでは一店舗当たり数種類の製品しか置いてない。

しかし直営店ではすべての商品が揃っている
欲しい物があれば在庫さえあれば必ず手に入るのだ。

限定品がある

陳列イメージこれは今後も継続されるのかは不明だが、限定モデルが販売されている。
今回紹介する限定モデルは直営店数量限定モデルなので、数に限りがあるが、今後も何かしら販売する可能性は大いにあると思う。

デザインにこだわっているブランドなので、限定品も欲しくなるオシャレなものが来ると嬉しい。

店内の写真

店内イメージ

左右対称で大きなテーブルがある。非常にわかりやすい空間だ

写真撮影はOKらしいのでいくつか写真を撮ってきた。
店内のイメージの参考になると嬉しい。

店内イメージ

一番奥にはアメリカの地図があった。発祥地だろうか?

店内イメージ

商品はとても丁寧に置かれている

店内イメージ

店の奥にはPeakDesignの起源を知ることができるブースがあった

これは『キャプチャー』の元となったプロトタイプらしい

キャプチャーイメージ

これが現行の『キャプチャー』だ。かなり洗練されている

キャプチャー使い方

このようにベルトなどに取り付けることができる



購入品レビュー

 

箱のイメージ

箱は通常版と完全に同じだ

箱のイメージ

開けるとオールブラックモデルだとわかる

slide lite(スライドライト)オールブラックモデル

スライドライトイメージ

この画像は通常版だ

スライドライトは肩や首からかけることができるカメラストラップだ。
金具を引っ張るだけで伸縮させることができるので簡単で便利なアイテムだ。

ストラップシリーズは全3種類のサイズがあり、他にも『スライド』『リーシュ』という太さ違いの物がある。

以下の商品リンクは通常版となります。

【スライド】

【スライドライト】

【リーシュ】

外観

スライドライト開封

スライドライトイメージ

通常版イメージ

通常版は赤やシルバーといった色が入っている

限定版イメージ

限定版は隅々まで真っ黒だ

見比べると一目瞭然だが、ネジや刺しゅうなど細かいところまで黒に変更されている。
ステルス機みたいでカッコいい。

リーシュとの比較

左が『スライドライト』 右が『リーシュ』だ

リーシュの倍くらいの太さがある。
僕は『リーシュ』を使っているのだが、スライドライトの方が肩や首への負担が少なく持ち運びが楽だ。
しかし、太いとカジュアルさが失われていき、ガチ感が出てくる。

小さめのレンズ、またはコンパクトなカメラならリーシュがカジュアルでいいだろう。
それ以上ならスライドライトでないと首肩が痛くなる。

以下の商品リンクは通常版となります。

【スライドライト】

【リーシュ】

使ってみた

使用イメージ

少し「カメラ持ってる」感が強まってしまうのは仕方がない

使用イメージ

意外とスルスルと動く

金具を引っ張ることで簡単に伸縮できる。
ナイロンも目が細かいので痛くなったりしなくてgood

当分はこれを使ってみようと思う。

anchor links(アンカーリンクス)オールブラックモデル

アンカーリンクスイメージ

これを持っているユーザーはかなり多いだろう。
ピークデザインのストラップだけでなく、カメラを買ったときについているストラップも着脱可能にすることもできる優れものだ。

以下の商品リンクは通常版となります。

外観

アンカーリンクス

通常版との差

周りのプラスチックの部分の色が変更されている

通常版

コチラが通常版

限定版

コチラが限定版(オールブラックモデル)

通常版をαシリーズに取り付けると、赤が非常に目立つのであまり好きではなったが、ブラックモデルは非常に落ち着いた色味で全体的に統一感がある
これが一番気に入った。

以下の商品リンクは通常版となります。

『PeakDesignロゴ入りオリジナルマグ』(先着100名限定)

今はもう無い可能性がかなり高いが、開店記念として1万円以上お買い上げの方に先着100名限定でロゴ入りマグがプレゼントされるイベントがあった。
僕もいただいたのだが、使わないので写真を撮る前に譲ってしまった・・

素材はごく一般的なプラスチックで質感はそこまで高いとは言えない物だったが、キャンプなどの屋外使用では使いやすくていいかもしれない。
カップの上部と下部で素材感が切り替えられており、上部はさらさら、下部はツヤ感のある質感だ。

コップイメージ

素材はザ・プラスチックだ

キャプションイメージ

まとめ

取付イメージ

全体が黒でカッコいい。α7系にぴったりだ

オールブラックモデル、とても気に入った。開店直後に行って正解だったと思う。
駅からのアクセスも非常にいいので、銀座に行ったときの定番の場所となりそうな予感。

今までは『スライドライト』よりも少し細い『リーシュ』を使っていたのだが、やはり幅が太い方が方への負担が少ない。
当分は今回買ったスライドライトを使っていくことになると思う。

デザイン性と機能性を高いレベルで兼ね備えたピークデザインの新しい製品は今後も楽しみだ。
ピークデザインのアイテムは良い物ばかりなので今後も情報を追っていこうと思う。
また良い情報があったら紹介したい。

以下の商品リンクは通常版となります。

【スライド】

【スライドライト】

【リーシュ】

【アンカーリンクス】



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-CAMERA
-, , ,

© 2021 THOMSON.LIFELOG