ガジェット

『LinkBuds S』はどう?『WF-1000XM4』と比較しながら徹底レビュー

スポンサーリンク

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

総合力高めの万能イヤホン

『ながら聴き』もできるノイズキャンセリングイヤホン『LinkBuds S』

フラッグシップのWF-1000XM4も持っているのですが、気になったので購入しました。

XM4とどう違うのか。
詳しく徹底的にレビューしていこうと思います。

どちらを買うか迷っている方は是非。

合わせて読む
メイン画像
【レビュー】最強ワイヤレスイヤホン。WF-1000XM4を比較しながら詳しくレビュー

続きを見る

合わせて読む
トップ画像
【レビュー】SONYの革命的イヤホン『LinkBuds』を徹底レビュー

続きを見る

LinkBuds S(WF-LS900)とは

ながら聴きも、ハマり聴きも、思うがまま。

2022年6月3日にSONYから発売されたイヤホン。
高性能な外音取り込みとノイズキャンセリングを両立したモデルです。

ノイズキャンセリングとハイレゾ対応で世界最小・最軽量(※2022年5月9日時点)となっており、非常に軽やかな付け心地なのが特徴です。

開封

LinkBuds S パッケージ

LinkBuds S パッケージ

LinkBuds S 内容物

内容物はこんな感じ

パッケージもエコで良いですね。

外観

LinkBuds S 外観

シルキーで上品な白色です。
この白色は個人的に好みの色。
ツートーンがアクセントになっています。

LinkBuds S image

image:SONY

エクリュも肌なじみが良くておしゃれですね。

LinkBuds S 外観

ケースと色に一体感があってオシャレです。

LinkBuds S 外観

接続はUSB-C。

背面のボタンはペアリングボタンです。

LinkBuds S 外観

WF-1000XM4との違い

LinkBuds S 比較

WF-1000XM4のレビュー記事はコチラ

XM4よりも一回り小さなボディ

LinkBuds S 比較

LinkBuds S 比較

サイズは一回り小さいです。

LinkBuds S 比較

ケースは高さは少し増えていますが、横幅と奥行きはコンパクトになっています。

LinkBuds S 比較

仕様

 LinkBuds SWF-1000XM4
ドライバーユニット5 mm6 mm
質量約4.8 g x2約7.3 g x2
充電方法USB充電USB充電、ワイヤレス充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大6時間(NCオン) / 最大9時間(NCオフ)最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)
ケース充電容量最大14時間(NCオン) / 最大21時間(NCオフ)最大16時間(NCオン) / 最大24時間(NCオフ)
統合プロセッサーV1V1
対応コーデックSBC, AAC, LDACSBC, AAC, LDAC
付属イヤーピースハイブリットイヤーピースノイズアイソレーションイヤーピース
価格26,400円(税込)33,000 円(税込)

主な仕様も見ていきましょう。

ドライバーはXM4よりも1mm小さくなっていますが、重量が40%も軽くなっています。
装着感も非常に軽く、装着していない感覚すらあります。

一方でバッテリー持ちは少し悪くなっていますね。
また、ワイヤレス充電にも対応しておりません。

プロセッサーはXM4と同じものが使用されているので小型ながら高いノイズキャンセリング性能です。

XM4はノイズアイソレーションイヤーピースが付属

XM4にはノイズアイソレーションイヤーピースが付属しています。
ポリウレタンフォーム素材を使用しており、遮音性が非常に高いイヤーピースです。

一方でLinkBuds Sに付属しているのは旧式のハイブリットイヤーピースです。
こちらは圧迫感は少ないのですが、遮音性はほどほど。

実際に聴き比べてみてみました

まとめると

  • ノイズキャンセリングと音質ならWF-1000XM4
  • 外音取り込みならわずかにLinkBuds Sが上
  • 軽やかな装着感はLinkBuds S
  • しっかりとした付け心地はWF-1000XM4

LinkBuds S 比較

ノイズキャンセリングはXM4の方が上

XM4が確実に上です。
高音・低音域のキャンセル効果はXM4には及びません。
また、LinkBuds Sには付属していないノイズアイソレーションイヤーピースの効果の差もかなり大きいです。

ですがLinkBuds Sも小型の割にはかなり良い性能です。
XM4が過剰なほどノイキャン性能だったので、良いバランスでしょう。

聞こえなさすぎるのも怖いという方はLinkBuds Sがおすすめです。

外音取り込みはほぼ同じ

アンビエントサウンドモードやスピーク・トゥ・チャットを試してみました。

『ながら聴き』を売りにしているだけあってLinkBuds Sの方がわずかに優れていると感じます。
装着感も軽いので、より自然に会話ができる気がしました。

ですが、正直そこまで大きな差ではなく、少しだけLinkBuds Sの方がクリアかな?といった程度です。

外音取り込みを重視する人はLinkBuds Sがオススメですね。

注意ポイント

両方とも、音量を上げすぎると外音はほぼ聞こえなくなるので要注意。

音質はXM4が上

ノイキャン効果も相まって、XM4の方が優れています。
特に低音域の差は顕著だと感じました。

音の解像感もXM4の方が優れており、LinkBuds Sはカジュアルでフラットな印象です。
どちらがノリノリに聴けるかと聞かれるとXM4でしょう。

ただし劇的な差ではないので、特に気にしない方はLinkBuds Sでも全く問題ないと思います。

付け心地

付け心地比較

image:SONY

軽やかさはLinkBuds S
圧入感はXM4

LinkBuds Sは装着感が無いほど軽く、疲れる気配はありません。

一方でしっかり装着できるのはXM4だと感じました。
これはイヤーピースの違いではなく、XM4の方が優れたエルゴノミクスを持っています。

軽やかで装着感の無い付け心地ならLinkBuds Sですね。

LinkBuds Sがオススメな人

LinkBuds S

こんな人におすすめ

  • 外音取り込みを重視したい
  • コンパクトなデザインが良い
  • 軽やかな付け心地が良い
  • 音質やノイズキャンセリングはそこそこで良い

LinkBuds S非常にバランスの取れた万能イヤホンです。

優れた外音取り込みに、高いレベルの音質とノイズキャンセリング。
さらに小型軽量で装着しやすく持ち運びがスマートです。

音質などにそこまでこだわりが無い方はこちらの方が満足できると思います。

個人的な感想ですが、デザインやサイズ感的に女性に非常におすすめできるイヤホンです。

WF-1000XM4がオススメな人

WF-1000XM4

こんな人におすすめ

  • ノイズキャンセリング・音質を重視したい
  • しっかりと安定した付け心地が良い

音質やノイズキャンセリングを重視するならXM4一択。
また、コンパクトさや軽さにこだわりが無い場合もこちらがおすすめです。

価格も落ち着いてきているので、思い切ってこちらを買うのもありでしょう。

2022年11月時点で、価格差は5000円未満となっています。かなりお得ですね。

【おまけ】ケースはいつも通りクリアTPU

LinkBuds S ケース

なぜかゴージャスな箱

LinkBuds S ケース

ケースはXM4と同じく透明のTPU素材の物にしました。

透明度が高く本来のデザインが見えるのが良い感じ。

シリコンはホコリが大量につくのでTPU素材の物がオススメ。
ただ、長期使用で黄ばんできます。

『LinkBuds SをWF-1000XM4と比較しながらレビュー』まとめ

image

約2万円で非常に良いバランスのイヤホンですね。
一世代前のXM3と比べてもLinkBuds Sの方が優れていると感じます。

カジュアルながら高性能なイヤホンが欲しい人にとって、非常に良い選択肢なのではないでしょうか。
肌なじみの良いエクリュのようなカラーリングもおしゃれで良いと思います。

LinkBuds Sの購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

合わせて読む
メイン画像
【レビュー】最強ワイヤレスイヤホン。WF-1000XM4を比較しながら詳しくレビュー

続きを見る

合わせて読む
トップ画像
【レビュー】SONYの革命的イヤホン『LinkBuds』を徹底レビュー

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-, , , , , , , ,