ガジェット

【レビュー】高画質でおしゃれなWEBカメラ『Logitech(ロジテック)BRIO』

スポンサーリンク

BRIO本体画像

以前から欲しいと思っていたWEBカメラLogitech ロジテック BRIOをついに購入しました。

おしゃれなデザインの少ないWEBカメラ。
ですがBRIOはWEBカメラ界では1番と言っても良いほど無駄がなく洗練されたデザインです。

オーバースペックなのは明らかですが、デザインが良いということはそれ以上に重要なこと。

さらに機能も十分なので言うことはありません。

そんなBRIOの魅力を紹介していきましょう。

まとめると

・高級感のあるデザイン
・非常に高い画質とフレームレート
・素晴らしいノイズキャンセリング
・Windows Helloなどの多くの便利な機能
・価格が高め
・プライバシーシャッターが後付け

Logitech BRIOとは

箱外観

Brioは最高かつ最も高機能なビジネスウェブカメラ。

主な特徴は以下の通りです。

・4K
・90fps(720p)
・優れたハイダイナミックレンジテクノロジー
・最適な画質調整
・優れたノイズキャンセリング
・Windows Hello(顔認証)対応

このように、webカメラに必要なものは全て揃ったオーバースペックなガジェットです。

それに加え、端正でスマートな外観を兼ね備えています。

内容物

箱内部外観

箱はかなり業務用感があります。

内容物

内容物はこんな感じ。
飽くまで基本はプロフェッショナル用なのでしょう。

外観

外観

無駄がないということは重要

正面はアクリル製で、高級感があります。
レンズ、赤外線センサー、光学センサー。その他にインジケータライトがついています。

背面

背面はUSB-Cポートのみ

カバー外観

プライバシーシャッターが後付けなのが残念ですね。
せっかくのデザインが勿体ないです・・

スタンドイメージ

クリップは様々なモニターにもつけれます

スタンドイメージ

因みにモニター取付用のクリップは取り外し可能。
底面には三脚座がついているので、モニターが無くてもデスクに立てて使うことができます。

【2022年11月追記】新型のBrio 500はプライバシーシャッター内蔵

Brio 500

Brio 500 プライバシーシャッター

新型のBrio 500はモダンなイメージはそのままに、プライバシーシャッターが内蔵されました。

画質は少し抑えられましたが、その分価格も控えめに。
これはWEB会議に完璧な選択肢だと思います。

4Kや高フレームレートが必要ない人にうってつけです。
会議のみの使用ならこちらですね。

しかもオートフレーミング機能やShowモードが付いています。

設定用アプリ(LogiTune/Logicool Capture)

LogiTune画面

LogiTune

CameraSettings画面

CameraSettings

通常使用ならLogiTuneが一番シンプルで使いやすいと思います。
これを使えば輝度色温度画角などと言った基本的な設定を変更可能です。

画質やフレームレートはLogicool Captureというアプリで変更できます。
ですが、ほとんどのWEB会議アプリでは画質が自動で決まるので注意が必要ですね
(ほとんどのアプリでは最大1080p)

配信者などはLogicool Captureが良いでしょう。

オーバースペックなのになぜ買ったか

取付イメージ

サイズ感も非常に良い

洗練された無駄の無いデザイン

これがかなり大きな理由です。

在宅ワークが当たり前となった今、あらゆるWEBカメラが出回っています。
ですが、デザインが良い物は本当に少ないです。

常に見える位置に置くものなので、おしゃれな物が良いですよね。

BRIOは無駄なく洗練されたデザインなので、非常におすすめです。

高音質なノイズキャンセリングマイク

高音質なマイクを搭載しているという点も重要です。
マイクを別で用意しなくていいのは場所を取らなくていいですね。

さらに、高音質なだけでなくノイズキャンセリングも搭載しています。
後ほどご紹介いたしますが、このノイズキャンセリングの性能が半端ないのです。

使ってみてどう?

実際に使ってみました。
色々試してみたので紹介いたします。

優れた色や明るさ調整

brio web会議

1080pでのWEB会議の評価です。

カメラの性能が良いので、ノートPC標準搭載とは比べものにならないほど綺麗です。
明るさや色温度は調整可能なので、暗くて顔色が悪く見えるなどと言ったことが起こりません。

さらに、広角カメラなので、バストアップが綺麗に映って見栄えもとても良いです。

純粋な画質やフレームレートに関しては、
WEB会議用アプリの上限(1080p)やネット環境によるので他と大きな差はありません。

超高性能なノイズキャンセリングでクリアな音質

正面詳細

会社で使用しているMicrosoft Teamsで試しました。

音質に関してはクリアに聞こえる以外にノイズキャンセリングが特に素晴らしいです。

窓を開けて電車が通っても相手には全く聞こえません。
試しに拍手をしてみましたが、その音も全く聞こえないようです。
人の声の周波数以外は全てカットしているといった印象で、相手も驚く性能でした。

生活音はほとんど入らないと考えてもいいでしょう。

今までのノートPCのマイクは雑音がかなり入っていたのでとても快適になりました。

WEB会議をするには十分な機能

アプリを使えば一通り設定可能で、WEB会議をするには十分すぎる機能を持っています。
ノートPCのカメラはとにかく暗くて望遠寄りだったので個人的には大満足です。

WEB会議用でもストリーマーでも十分満足できる性能なのではないでしょうか。

高画質でおしゃれなWEBカメラ『Logitech(ロジテック)BRIO』まとめ

使用イメージ

まとめると

・高級感のあるデザイン
・非常に高い画質とフレームレート
・素晴らしいノイズキャンセリング
・Windows Helloと連携などの多くの便利な機能
・価格が高め
・プライバシーシャッターが後付け

デザインにこだわる人にとってはとても良い選択肢だと思います。

正直、WEB会議アプリが4K対応していない以上、普通に会議をするだけなら他のWEBカメラで問題はありません。

とは言え、BRIOは性能面では未だに最高の部類に入るので当分使い続けることができるでしょう。
なので、もし金額で悩んでるのであれば購入するのをお勧めしたいです。

もう少し出費を抑えたい方にはBRIO 500が良い選択肢だと思います。
BRIOを買ったときにBRIO 500が発売していたら500を買っていたでしょう。

合わせて読む
アイキャッチ
【レビュー】最高のメカニカルキーボード『MX MECHANICAL』『MX KEYS』と比較レビュー

続きを見る

合わせて読む
アイキャッチ
【レビュー】最強マウスがパワーアップして登場『MX MASTER 3S』前モデルとの違いは?

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-, , , , , , ,