カメラ

さらにおしゃれで大容量な防湿庫『Re:CLEAN 125L』に買い替えました。

スポンサーリンク

アイキャッチ

防湿庫って色々入れてしまうんですよね・・

ということで、防湿庫を50L⇒125Lへ大きくしました。
購入したのはRe:CLEAN(リクリーン)の125L

安定のRe:CLEAN

以前レビューさせていただいた50Lモデルとの違いも含めてレビューしていこうと思います。

最後に、防湿庫に入れている物も紹介していきます。

この記事をまとめると

・防湿庫は色んなものを収納できるので大きい方が良い
・50Lよりも高級感が増した外観
・キャンペーン内容が豪華すぎる
・扉を大きく開かないとトレーを引けないのが欠点

2022年12月現在、お得なキャンペーン期間中です。
大量のアクセサリーが付属してくるので、購入するならお早めに!

【レビュー】おしゃれでリーズナブルな防湿庫なら『Re:CLEAN』

続きを見る

セット内容&外観

Re:CLEAN パッケージ

まずはセット内容や外観を確認していきましょう。

Re:CLEAN(リクリーン)については前回の記事で詳しく紹介しています。

アニバーサリーエディションとは

防湿庫 セット RC-125L

セット内容

めっちゃいっぱいついてきます

アニバーサリーエディションは、初回限定で大量のアクセサリーが大幅割引で付いていきます。

125Lの場合、なぜか本体単品よりも1000円安い価格で購入可能。
スポンジとかが意外と高いので買わない手はないですね。

特にトレーや庫内灯なんかは非常に助かります。

外観

Re:CLEAN 外観

50Lと比べると、至る所が高品質になっていました。

Re:CLEAN ハンドル比較

ハンドルは樹脂製から金属製に

Re:CLEAN トレー比較

50Lの不満点だったチープなトレーもシボ加工された外観に。
かなり良くなりました。

除湿器

除湿ユニットは2つに。2倍パワー!

Re:CLEAN 湿度計

Re:CLEANといえばこのおしゃれなアナログ湿度計

Re:CLEAN 庫内灯

Re:CLEAN 庫内灯

庫内灯はめちゃくちゃチープ。印刷とかも半端なくチープです。
単四電池3本駆動

段違いの収納力

まずは50Lはどんな状態だったかを見ていきましょう。

Re:CLEAN  50L

かなりごちゃごちゃです。

では、125Lを見ていきましょう。

Re:CLEAN 収納

Re:CLEAN 庫内灯

Re:CLEAN 収納

比較すると一目瞭然ですね。
トレーがおまけで2個ついてきたので、細かく収納できてめっちゃいいです。

イヤホンやスライダーなどもゆとりを持って整理可能。

納品待ちの70-200も余裕で入ります。

合わせて読む
アイキャッチ
【Eマウント】70-200mm F2.8 GMと135mm F1.8 GM どちらを買うか考える

続きを見る

良いところ・悪いところ

良いところ

おしゃれなデザインは相変わらず素敵です。

さらに50Lモデルよりも高級感が増しています。
さすが上位モデルなだけありますね。

収納力も高くてかなり満足度は高いです。

悪いところ

Re:CLEAN トレー干渉

扉を開けきらないとトレーを引き出せないのは結構大きな欠点。
扉に付いたパッキンが厚すぎて、大きく開かないとトレーと干渉します。

部屋が狭いので置き場を選んでしまいますね。

向かって右側面を壁付けできないので注意が必要です。

防湿庫に入れている物

Re:CLEAN 収納

防湿庫はカメラ関係のアイテム以外にも使えます。
とくに機械物はほぼ何でも使えるでしょう。

散らかりがちな物を収納できるので便利なんですよね。

私が入れている物はこんな感じです。

  • カメラ
  • カメラボディ
  • レンズ
  • レンズ用フィルター
  • イヤホン
  • ヘッドホン
  • ワイヤレスマイク
  • 電動スライダー
  • 電動ヘッドおよび周辺アクセサリー
  • スティックライト
  • コンパクトライト
  • その他細かなアクセサリー

『おしゃれで大容量な防湿庫 Re:CLEAN 125L』まとめ

Re:CLEAN イメージ

2年も経たずに買い替えることになりました。
今から買う人は後悔しないようにサイズ選びしてくださいね。

なんだかんだ色々入れれるので、おすすめは125Lです。

さらに上は180L
180Lは筐体が2つに分けられているので、できればもう大きくしたくないですね。

今後のレンズの購入予定はマクロレンズやオールドレンズなど。
多分大丈夫だと思いたいです。

【レビュー】おしゃれでリーズナブルな防湿庫なら『Re:CLEAN』

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-カメラ
-,