GADGET

どこにおいても最大3台まで充電できるワイヤレス充電器、 NOMAD Base Station Proレビュー

Apple製品を彷彿させるアルミボディに上質なレザーパッド、主張しすぎないデザインのこのプロダクトはNOMADの『Base Station Pro(ベースステーションプロ)』だ。

どこにおいても充電できて、オシャレで、複数台充電できる、そんなワイヤレス充電器を探していた。
購入してから1か月と少しが経ったのでレビューしていきたいと思う。

NOMAD Base Station Proとは

箱の画像

主な特徴

  • フルサーフェスワイヤレス充電
  • 一度に3台までのデバイスを同時充電可能
  • 超薄型18コイル内蔵設計
  • 最大7.5Wの充電速度
  • USB-C PD 30Wポート搭載
  • LED充電インジケーター搭載
  • アップデートによる進化

サイズ
奥行14.2cm ✕ 幅22cm ✕ 厚み1.27cm
価格
¥29800(税別)

ここがいい
・どこにおいても充電されるという恩恵は素晴らしい
・デスクがすっきり&少し未来を体感できる
ここが残念
・機種によって相性が悪い物がある
・充電速度は決して早くない

最大の特徴は、レザーパッド上ならどこにおいても最大3まで充電できること。
そしてこの洗練されたデザインである。
アルミ削り出しボディにレザーパッド、さりげない刻印といった主張しすぎず高品質なデザインはAppleに通ずるものがある。
AppleのMagsafeも含め、様々なワイヤレス充電器を候補に挙げたが、Base Station Proは頭一つ抜けているといった印象だ。
テクスチャ詳細価格は¥29800(税別)と、こちらも頭一つ抜けているが、性能とデザインを考えるとこれを上回るものがなさそう。
現在日本ではTokyoMac×Mac Perfectで購入することができる。
TokyoMac×Mac Perfect

機能性やインターフェイスなど

インジケータ詳細

USBポート詳細

主なインターフェイスはこれだけ。いくつ充電されているかを示すインジケータと給電用USB-Cポートといったシンプルな構成だ。

 

構造詳細(引用)参考:https://tyomac.com/BaseStationPro/
中には18個のコイルがあり、デバイスを置いた場所を即座に検出して充電が開始される仕組み。

充電範囲実際に置いてみると、充電可能範囲はおおよそこの辺だ。
大雑把だが、iPhoneのフチとBaseStationProのフチが重なるところまでが充電範囲のようだ。

イメージ画像複数台もしっかり認識する、どこにおいても3台充電は素晴らしい。
(AirPodsを持っていればより便利なのだろうと思う)

背面詳細背面にはラバーがついている。重さも相まって給電ケーブルに引っ張られて落ちる心配は全くない。

アダプタ詳細この充電器は30W以上の出力を持つアダプタでないと使えないようだ。
アダプタは後述の理由から付属していないので準備が必要だ。
少なくとも僕の持ち合わせている以下の二つでは動作を確認できた。
Anker PowerPort Atom III Slim(Four Ports)
Anker PowerPort Atom III 45W Slim Power IQ

         

実際に使ってみて

使用イメージ

・やはり置くだけでいいというメリットは非常に大きい
・機種によっては満充電してくれない
・充電速度は決して早くない

やはり置くだけで充電できるというメリットは非常に大きい

置くだけでいいというのは想像以上にストレスフリーだ。机の上にスマホを置く感覚と同じように使うことができる。
少し未来の充電を体験できる、そんなデバイスだ。

機種によっては満充電してくれない

電池詳細iPhoneXSとiPhone12ProMaxの2機種で使用したが、12ProMaxは充電が90%付近で止まることが多々ある。XSではそのようなことは起こらなった。
12ProMaxは買ったばかりなので電池も長持ちだが、電池が劣化してくるときっちり充電してくれないのは心配だ。
ちなみに置きなおすと再認識し、充電中と表示されるのだが中々充電量が上がらない(執筆中も91%で止まっていた)。

Ver1.1.0のアップデート内容に”iPhone12シリーズとの互換性向上”という内容があるように、まだ100点ではないのかもしれない。今後のアップデートに期待できる。

充電速度は決して早くない

ゲームをしている画像これはどのワイヤレス充電器にも言えることだが、充電スピードは決して早くない。iPhoneXSだと大体1時間に25%くらいだ。
しかしこれは飽くまでケーブルと比較しての話なので、ワイヤレス充電器の中では優秀なスピードだと思う。
しかし、少しでも離れると充電解除されてしまうので、家でもスマホでSNSやゲームを頻繁に確認したりする方は従来のケーブルか背面にくっつくMagsafeの方が使い勝手がいいだろう。

まとめ

使用イメージ気になる点もいくつかあったが、買ってよかったかと聞かれると、買ってよかったと思う。
やはり置くだけで充電できる恩恵は想像以上に大きい。たしかにまだ完璧でない部分はあるが、それを補う魅力があると感じる。
そしてほかの充電器よりも圧倒的にオシャレで上質だ。アルミにレザーといった良い素材を使っている以上、ある程度高額になるのは仕方がないと思える。
むしろ、価格は高くなってもいいから良い物を作りたい、NOMAD社からはそのような意気込みを感じた。
今後のアップデートで評価は大きく変わると思うが、それもまたレビューしていきたい。

おまけ

Apple Watch MountAppleWatch充電ケーブル用の内蔵マウント)

ウォッチマウント詳細(引用)参照:https://tyomac.com/BaseStationPro/
今TokyoMac✕MacPerfectで買うと無料でついてくるようだ。
AppleWatchを持っている方には朗報なのではないだろうか。
※後日発送(2021年3月前後発送予定)。追加費用、送料は一切不要とのこと

TokyoMac×Mac Perfect

ACアダプタについて

箱イメージ化粧箱の中に不自然なスペースがあるが、ここにはACアダプタが入るはずだった場所。
日本で販売するにあたり必要なPSEマークという安全基準マークが無い物なので販売元が抜き取って販売しているようだ。
PSEマーク詳細

NOMADでは他にもApple製品のアクセサリーを多数展開しています。
興味がありましたらこちらも是非
NOMAD official

 

ではでは。ここまで読んでいただきありがとうございます♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-GADGET
-, , , ,

© 2021 THOMSON.LIFELOG