ガジェット

ルンバを買ったら最初にするべき4つのこと

トップ画像

https://thomsonlifelog.com

ルンバを買ったら使う前にするべきことがある

ルンバの2022年最新モデル『Roomba(ルンバ)j7』を購入した
初めてのルンバだったので、何も考えずに使い始めたのだが「やっておけばよかった」と後悔したことが4つある

これからルンバを買う人の為に『4つのやっておくべきこと』を紹介していこうと思う

合わせて読む
トップ画像
【2022】これは生活が変わる。最新モデル『ルンバ j7』レビュー

続きを見る

ルンバにクッションテープを貼る

クッションテープ使用例

センサーを避けて貼る

クッションテープ

ルンバはすぐに傷だらけになる

ルンバは想像以上に強く障害物にぶつかる。それはもう思っている以上に

ルンバの正面には樹脂製バンパーが付いているのだが、何も保護せずに使うと一回だけでバンパーが傷だらけになる
将来は売るかもしれない・・なんて考えているのであれば尚更保護することをお勧めする

僕は一回走らせただけで傷だらけになったので少し後悔している

傷

一回の全裸走行でこのありさま

家具イメージ

そして椅子や机の脚には盛大に衝突する
特に木製の家具や塗装が施されている家具なら気を使ってあげたいところだ

転倒の可能性のある家具は補強する

フォトフレーム転倒したフォトフレーム

ルンバは軽い家具はなぎ倒す

倒れやすい物は補強や移動をお勧めする
実際に、僕は部屋に立てかけていた2kgほどのフレームが倒された
転倒した家具により、別の家具が傷つく二次被害も防げる

さらにフラワーベースなどの軽い物は完全に部屋の隅に追いやられるので、
そういったものは高いところに移動させるか、アプリで進入禁止エリアに指定しよう

床を徹底的に整理する

床の箱

を片付けないとスマートマップが狂ってしまう

ルンバは最初に部屋のマッピングをしなければならない
基本的にはこのマップをベースにルンバが学習していくので最初の一回が肝心

アプリ画像

青く囲った部分がバグっている

物が散乱していてルンバが侵入できなければマップが盛大にバグる
後からでも学習しますと書いてあるのだが、綺麗にしてもマップは改善されなかった

最初の一回目さえ綺麗にしておけばとりあえずマップは整うので、一旦机の上に移動したりしておくと良いだろう

掃除してほしいエリアは全て開放しておく

フロアのドア

から部屋を追加するとスマートマップが狂う

ルンバは新しい大きなエリアを発見すると、部屋として認識してスマートマップに追加してくれる
その機能は非常に素晴らしいのだが、なぜかマップが斜めになってしまうときがあるようだ

アプリ画面

エリアが斜めになっているのがわかる

これが起こるとかなり面倒
ルンバが部屋に対して斜めに進むだけでなく、進入禁止や集中掃除などを指定できる『エリア機能』の指定エリアも全て斜めになってしまう

これはマッピングをし直さないと改善しなかったので、最初の一回目のマッピングの時は部屋の扉などを全て開放しておくと良いだろう

まとめ

まとめ

高額な買い物なので、大切に使っていきたい

ルンバは正直言って、生活を変えてしまうほど便利だ

シンプルでわかりやすく無駄の無いUI
そしてj7では障害物を回避する機能まで備わったのでさらに便利になった

高額な商品だけあって買うのを躊躇している人も多いだろうが、その便利さには感動するはず

もうすでに買った人も、これから買う人もこの記事が参考になれば嬉しい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-ガジェット
-, , , , , , , , , ,