CAMERA

使用数ヶ月で埃が・・カスタマーサポートに連絡してみた話・後編『SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art』

トップ画像

https://thomsonlifelog.com

まるで新品のように綺麗になって返ってた!

以前、SIGMAの24-70mm F2.8 DG DN | Artにホコリが入ってしまったという記事を書いたのだが、
あれからずっとSIGMAに送っておらず最近ようやく発送してそれが返ってきたので紹介したいと思う。

前編はコチラ↓

使用数ヶ月で埃が・・カスタマーサポートに連絡してみた話・前編『SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art』

結果から先に言うと、レンズの中だけでなく外装もピッカピカになって返ってきた。
流石SIGMA・・仕事が丁寧だ。



送る準備

送る準備

字が汚いのは仕方がない

レンズを送るときに今回必要なだったものは、以下の3つだ

・レンズ本体
・事前受付番号を書いた紙
・保証書

今回は事前にメールでやり取りをしていたので、受付番号を発行してもらっていた。
これがあるとスムーズなので、事前にメールか電話などでアポを取っておくと良いだろう。
保証書は購入時期を証明するために必要だ。
購入後1年未満だと、送料含めすべて無料で清掃してもらえる。素晴らしい。

梱包画像

緩衝材をしっかり入れておこう

後はこれらを丁寧に梱包して送るだけだ。

後からメールを見て気づいたのだが、レンズとレンズキャップ以外の物は紛失などのリスクが伴うため送らない方が良いらしい。
できるだけフィルターなどは外してから送る方が良いだろう。
しかし、後述の理由からフードはつけて送った方がお得かもしれない。

振動などに耐えれるようしっかり梱包しておくのが良いだろう。

たった6日で返ってきた

梱包詳細

梱包詳細

どうやら工場は福島県にあるようだ

発送してからわずか6日で返ってきた。

梱包詳細

エアパッキンがきっちり入っている

梱包詳細

梱包詳細

梱包もとても丁寧にされている。

清掃されたレンズとフード

レンズ外観

驚くほどきれいになって返ってきた。

5.6個あったホコリはすべてなくなっている

フード外観

フードのゴムの部分が綺麗になった

レンズ外観

また、レンズ内の埃だけでなく、フォーカスリングやアルミ部分、フードまでピカピカだ。
フードなどのレンズ以外の物は破損や紛失などのリスクがあるので送らない方が良いのだが、これなら次もフードをつけて送りたくなる。

まだ買って日が浅いというのもあるが、あまりにピカピカだったのでシリアルナンバーを確認してしまった。
確かに同じものだった。

まとめ

レンズ外観
メールの段階でとても良い対応をしていただいたのだが、レンズ清掃も流石SIGMAの一言だ。
早くて丁寧で清掃も完璧だ。

もしレンズ清掃を考えている人は安心してお願いして良いだろう。
むしろ、1年未満で埃が入っちゃってる人は保証期間が過ぎる前に一度清掃に出すといいのではないだろうか。(SIGMAさんには負担がかかってしまうが・・)

ロックボタン詳細

持ち歩くときにはロックを忘れずに

とはいえ何度も清掃に出すのは気が引けるので、これからはある程度気を付けて使っていこうと思う。
特にズームレンズはどうしても隙間から埃が入ってしまいがちなので、持ち歩くときや保管の際はロックしておくのが良いだろう。

これからも安心してSIGMAレンズを使っていくことができそうだ。

SONY純正のレンズもこれくらいの神対応をしてもらえるのだろうか?
まだ清掃に出したことがないので少し心配ではある。

センサーもそうだが、フルサイズはメンテが大変だ。



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-CAMERA
-, , , , , , ,

© 2021 THOMSON.LIFELOG