※当ブログはPRが含まれています。

ガジェット

5000mAhならどれがいい?Ankerのプラグ付きモバイルバッテリーを徹底比較

スポンサーリンク

※このブログにはPRが含まれている場合がございます。

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

かなお
Ankerの5000mAhプラグ付きモバイルバッテリーがまた増えたけど、どれ買えばいいの?
3機種もあるからね。
どれがおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。
とむそん

Ankerから発売している5000mAhのバッテリー搭載USB充電器は3機種あります。

名前が似すぎていてよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、3機種を比較しながらおすすめのバッテリーを紹介していきます。

3つのバッテリー搭載USB充電器を徹底比較

とむそん
早速3つを詳しく比較していこう
 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
サイズ約78 x 44 x 31mm 約71 x 60 x 31mm約113 x 30 x 30mm 
重さ約185g約200g約170g
入力AC入力:100V - 240V ~ 1.5A, 50-60Hz
USB-C入力:5V = 2.1A
AC入力:100-240V ~ 1.5A 50-60Hz
USB-C1 / 2 入力:5V ⎓ 2.1A 
100-240V~ 0.5A 50-60HZ
出力(充電器として使用)最大30W最大45W最大20W
出力(モバイルバッテリーとして使用)最大22.5W最大20W最大20W
バッテリー容量5000mAh5000mAh5000mAh
ポート数1(USB-C)2(USB-C)1(USB-C)
価格¥5,490(税込)¥8,990(税込)¥4,990(税込)

形状やデザインなどの物理的な違い

形状やデザインなどの物理的な違い

形状やデザインなどの物理的な違い

511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)の高さはほぼ同じです。

形状やデザインなどの物理的な違い

ポート数は521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)のみ2ポート

とむそん
因みに、511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のみUSB-C入力に対応してないんだ。
充電器自体をUSB-Cで充電できないってことだね。
かなお
形状やデザインなどの物理的な違い

511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はUSBポートがプラグに近くて少々使いにくいです。

形状やデザインなどの物理的な違い

場所によってはこんな状態になります。

かなお
なんだこりゃ

USB充電器としての違い

USB充電器としての違い

 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
出力(充電器として使用)最大30W最大45W最大20W

USB充電器としては521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)がずば抜けて優秀ですね。

最大45WあればでノートPCも余裕を持って充電できます。

かなお
W数高ければ高いほどスマホの充電速度も速いんじゃないの?
多くのスマホは対応W数が30W付近だからオーバースペックになってしまうんだよ。
とむそん

モバイルバッテリーとしての違い

モバイルバッテリーとしての違い

 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
出力(モバイルバッテリーとして使用)最大22.5W最大20W最大20W

モバイルバッテリーとして一番優秀なのは最大22.5WのAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)

とは言え2.5Wの違いなのでモバイルバッテリーとしての3モデルの性能はほぼ同じと考えてもよさそうです。

スマホメインで使うなら511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)

スマホメインで使うなら511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)

  • ¥5,490(税込)とリーズナブル
  • 手の中に納まるコンパクトサイズ
  • モバイルバッテリーとして最大22.5Wで急速充電可能
  • USB充電時は最大30Wで多くのiPhoneを最速で充電可能

普段のスマホ充電をメインに使うのであれば511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)がおすすめです。

スマホを急速充電するのに最適な出力となっており、サイズも超コンパクト

普段使うモバイルバッテリーとして、全く無駄の無いモデルだと言えると思います。

511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)のレビュー記事はこちら

とむそん
これはかなり完成されたモバイルバッテリーだよね。

PCでも使いたいなら521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W) 

PCでも使いたいなら521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W) 

  • 最大45WでPCも充電可能
  • 2ポートでイヤホンなども同時充電可能
  • モバイルバッテリーとしては20Wでスマホを急速充電
  • ポケットに入るコンパクトサイズ

521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)は私が一番愛用しているモデル。

スマホやPCなどに幅広く使えてコンパクトサイズ

さらに2ポートと隙の無い性能をしています。

全体的に高水準な優等生モデルだと言えるでしょう。

521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)のレビュー記事はこちら

とむそん
「たまにノートPCでも使いたい」という人にはうってつけ。

511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)を買う理由はほぼ無い

511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)を買う理由はほぼ無い

511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)が発売されたことで、旧モデルの511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の優位性はほぼ全て無くなりました。

唯一、独自性がある部分と言えばスティック型ということくらいです。

「ポーチにこのサイズしか入らない」と言った理由が無い限り今から買う理由は無いでしょう。

511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)のレビュー記事で詳しく紹介しておりますので興味のある方は是非

『5000mAhならどれがいい?Ankerのプラグ付きモバイルバッテリーを徹底比較』まとめ

かなお
各モデルの違いが少しわかった気がするよ。
何かの助けに慣れたら嬉しいよ。
とむそん

今回はAnkerの5000mAhバッテリー搭載USB充電器の比較をさせていただきました。

どれを買えばいいかわからない方の参考になれば非常に嬉しいです。

合わせて読む
アイキャッチ
Ankerのバッテリー搭載USB充電器はどれがおすすめなの?徹底解説

続きを見る

合わせて読む
アイキャッチ
全てが進化した普段使いの答えとなるモバイルバッテリー『Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)』レビュー

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット
-,