カメラ

α7SⅢ スチル派なのに買った理由と作例

スポンサーリンク

https://thomsonlifelog.com

動画を撮るならこれと名高いα7SⅢ

4K120p4K 4:2:2 10bitなど、動画性能についてあげると枚挙に暇がないが、実は僕は普段はあまり動画は撮らない。
でもα7SⅢを選んだ理由と感じたことを紹介していきたい。

α7SⅢとは

カメラ本体
『映像世界を意のままに』というキャッチコピーの通り、動画撮影に特化したSONY製フルサイズミラーレスカメラ

4K120p、4K 4:2:2 10bit撮影、アクティブ手振れモードなど、動画を撮る人にとってはうれしい機能が詰め込まれたまさに動画を撮るにはうってつけの一台だ。
製品名に宿す『S(sensibility)』でもわかるように、高感度、つまり暗所での撮影も得意としている。

価格は約¥400000

ほかのα7シリーズとの違い

比較画像

参考:https://www.sony.jp/

α7シリーズには『α7』『α7R』『α7S』『α7c』と多くの機種が出ている。
細かい説明をしてしまうと長くなるので、今回は簡単にわかりやすい説明だけしておこうと思う。
α7の後ろについているアルファベットがその機種の特徴を表している。

α7シリーズを簡単に説明すると

『R(Resolution)』=高解像度モデル
『S(Sensibility)』=高感度モデル
『無印』=バランスの取れたスタンダードモデル
『C(Conpact)』=コンパクトサイズ

このように、後ろにつく英語でその機種の特徴が分かるようになっている。
この他にもα1やα9などもあるので、いつか紹介していきたいと思う。

α7SⅢを買う理由

手に持った状態僕がα7SⅢを買った理由は4つある。
購入を検討されている方の参考になれば嬉しい

α7SⅢにした理由

  • 優れた高感度性能による暗所耐性
  • 4Kを極めた動画性能
  • 低画素によるブレにくさ
  • αシリーズでは数少ないバリアングル

優れた高感度性能による暗所耐性

ISO感度をあげて撮影してもノイズが発生しにくい

Sシリーズと言えば高感度。暗い場面で非常に強い

僕は街中でスナップを撮ることが多く、暗いときはISO感度をあげてシャッター速度を稼ぎたい時がよくある。
基本的にISO感度を上げるとノイズが多くなってしまうのだが、α7SⅢなら高いISO感度でもかなり粘ってくれる

暗いところでもいい感じに、そして手軽に撮影ができるのだ

これは低い画素数のおかげなのだが、詳しい原理はまた別の機会に紹介したい

4Kを極めた動画性能

動画撮影機材(引用画像)

参照:https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7SM2/feature_2.html

4Kを撮るならα7SⅢと言っても過言じゃないぶっちぎりの性能

僕は動画をあまり撮らないが動画性能も重視した理由は、今後動画を撮りたいので最高のものを買っておこう、というものである。
2021年はブログだけでなくYoutubeやSNSも手探りで始めようと思っている。その時に動画性能が物足りないと後悔しそうな気がしたからだ。

具体的には以下のような特徴があげられる

α7SⅢの特徴

  • 4K120pまで撮影可能
  • クロップなしで4k60p撮影可能
  • オーバーヒート無しで撮影可能
  • 4:2:2 10bitで内部収録可能(外部収録はRAWも対応している)
  • プロキシー撮影可能

これだけ充実した性能なら何でもできると思う
強いてあげるなら内部NDフィルターなどがあればさらに便利だった

最近では8Kなどもよく見かけるのだが、
今の自分には必要ないし、重すぎて快適に編集できる気がしない

また、これらの性能をフルに発揮するにはCFexpress Type Aが必要だ

合わせて読む
CFexpress Type A『CEA-G160T』と、カードリーダー『MRW-G2』購入レビュー どれくらい速いのか?本当に必要なのか?

続きを見る

低画素によるブレにくさ

低画素の恩恵はブレにくさにもある

高画素機だと、どうしてもブレに弱くなってしまう
つまり、シャッタースピードを稼げない場面では手軽に撮れず非常に使いづらい

しかし、α7SⅢの画素数は1210万画素しかないのでブレにも非常に強い
画素数が低い=デメリットというわけではない

α7SⅢは数少ないバリアングル

バリアングルモニターこんな誰でもわかる特徴は参考にならないかもしれないが、ハード面の違いは大切だ。

自撮りをする人は勿論、動画を撮る人にとってはバリアングルの方が使いやすい
SONYのカメラだと、バリアングルの物は他に『α7Ⅳ』『α7C』などがある

購入したレンズ&作例

SIGM_24-70mm
記念すべき最初の一本目は性能に定評のあるSIGMA 24-70mm F2.8 DG DN
MTF曲線など、プロフェッショナルなことは僕は答えられないが実際に撮ってみて思ったことは、この性能と質感でこの価格は安いと思える、ということだ。
AFはよく効くし、絞って撮った時の解像感は素晴らしいと思う。
強いて欠点をあげるなら、重量と解放時に感じる若干の甘さくらいだ。

参考にはならないと思うが、作例を掲載しておきたい。
なお以下の写真はすべてRAWデータに少し手を加えてJPEGで書き出している。画像は圧縮しているので撮りたい写真のヒントになれば嬉しい。

合わせて読む
トップ画像
カメラ初心者の最初のレンズは単焦点がいい3つの理由

続きを見る

スナップショット黒部分がぐっと引き締まる印象

スナップショット解像感も個人的には十分だ

スナップショット薄暗い飲食店でも気軽にしっかり撮影できる

スナップショットこのカメラは夜が楽しみになる、そんな気がする

1か月ほど使ってみて感じたこと

スチル性能はほどほどだが、通常使いには全く問題ない

スナップショット1210万画素は今の時代のカメラということを考えると少なく思える。
(ちなみに、センサーサイズは異なるがiPhoneSE以降の機種は1200万画素)

しかし、結論から言うと全く問題ないと感じた。

実際に撮ってみると、よほど拡大をしない限り画素数の低さは全く感じられない。
印刷をしてもA4、A3くらいまでなら満足いく仕上がりになりそうだ。
スマホやSNS、WEBに掲載するだけの用途なら十分すぎるだろう。
むしろ、諧調の豊かさや手振れのしにくさなどのメリットの方が大きい

絵作りが簡単に行える『クリエイティブルック』が便利

クリエイティブルック詳細クリエイティブルックイメージ
α7SⅢには『クリエイティブルック』という機能がついている。
PCでRAW編集を行うような方には無用な機能かもしれないが、手軽にオシャレな画像や動画を撮りたいという人にはうってつけの機能

撮って出しでスマホに送りそのままSNSに投稿できる

まとめ

ボディ&レンズ
こんな感じでα7SⅢを購入した理由と作例などを紹介してみた。
まだ購入してから1か月程度しか経っていないが、性能に関しては文句のつけようがない。特に暗がりでの撮影はほかの追随を許さない性能なのではないだろうか。

動画に関してはまだまだ真価を発揮できていない。勉強してまたいつか紹介したい。
併せて便利なアクセサリーも購入したので、アクセサリーについても続けて書いていきたい。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-カメラ
-, , , , , , , ,