カメラ

【レビュー&作例】SONY 20mm F1.8 Gはコスパ最強超広角レンズ

スポンサーリンク

20mmF1.8レビューTOP

https://thomsonlifelog.com

コスパ良しの高性能広角レンズ

今回購入したレンズは神レンズと名高い『SONY SEL20F18G』

発売は2020年で、比較的新しいレンズなので最新の技術も取り入れられている高品質なレンズです。
どうやら一部ではGMレンズ並みと言われているほど。

今回はそんなSEL20F18Gのレビューをしていこうと思います。

ココがおすすめ

  • 小型軽量で高性能
  • 比較的リーズナブル
  • 広角の最初の一本目にぴったり

ココが惜しい

  • ゴーストがそれなりに出る
  • 周辺減光は絞っても解消しきらない

SEL20F18Gってどんなレンズ?

外観&内容物+レンズフィルター

箱の写真

内容物

レンズ本体

 

本体画像

フードをつけるとこんな感じ

ポーチ画像

専用ポーチはGMレンズに付属している物よりも簡素な合皮の巾着

レンズフィルター

レンズフィルター(別売)は必須

サイズ比較

35mmF1.4とのサイズ比較(左が20mm)

35mmF1.4も性能の割にコンパクトだったのですが、20mmF1.8はさらにコンパクト。

特徴

何といっても『小型軽量&リーズナブル』なこと。
F1.8という明るさに加えて、高い解像力とぼけの美しさでこのサイズと重量は驚きです。

F1.8ってかなり明るい方

みんなが神レンズと評価するのもうなずけます。

そして価格はSONY純正のGレンズの中ではリーズナブルな部類に入ります。
Gレンズでも20万越えはザラなので、感覚がおかしくなってしまいますね。

仕様

名称FE 20mm F1.8 G
焦点距離(mm)20
最短撮影距離 (m)0.19(AF時)
0.18(MF時)
外形寸法 最大径x長さ (mm)73.5×84.7
質量 約 (g)373
フィルター径 (mm)67

20mmとはどんな画角か

作例

20mmはこんな画角

  • 景色などを広く映せる
  • 遠近感が強くなり、ダイナミックな印象になる
  • 被写体に近づける
  • 自撮りをしやすい

20mmはとにかく広い画角で撮影できる画角です。

厳密な決まりはないのですが、いわゆる「超広角レンズ」とはフルサイズの場合24mm以下を指すことが多くなっています。
その他の焦点距離は以下のようになっています。

覚えておいてもいいかもしれませんね。

  • 超広角:24mm以下
  • 広角:24mm~35mm
  • 標準:35mm~70mm
  • 中望遠:70㎜~135mm
  • 望遠:135mm~

因みに、iPhone12シリーズのカメラの広角撮影が26mm、超広角撮影が13mmです。
イメージしにくかったらその間で焦点距離を調節してみると良いかもしれませんね。

35mmとの比較

画角

20mmF1.8

画角

35mmF1.4

iPhoneProMaxのカメラとの比較

画角比較

1×(26mm)

画角比較

0.5(13mm)

どうでしょうか?
13mmは余計なものまで映ってしまう感が否めませんね。
パースもかなり効いています。

一方で、20mmは非常に実用的な画角だと思います。

活躍する撮影シーン

強い遠近感を活かした建物

作例

建物を下から撮るとわかりやすいですね

広く映せる景色

作例

作例

星景写真にも最適だと思います

自撮り

自撮り画像

自撮りには最適の画角

寄れることを活かしたカフェや飲食店

作例

寄れるので食べ物なども撮りやすい。ただパースは結構効く

なぜ買ったか

持ち出せる広角の街撮り用レンズとして購入しました。

普段愛用している35mmF1.4よりも広く映せるので、景色や街撮りの雰囲気が変わってきます。

また、YouTubeを撮る時は20mm付近が一番撮りやすい画角だと思います。
僕はしないのですが、自撮りをする人にも非常にオススメできる画角です。

とは言え、20mm一本だけでは足りない

景色も物撮りも撮れる。

では20mmだけでいいのでは?
と思うかもしれませんが、どうしても強くパースが付くので、ポートレートや小さな物撮りには向きません。

これ一本で何でも万能に撮るのは難しいと思います。
万能に撮るなら個人的には35mmがオススメです。

作例

せっかくなので、作例をいくつか紹介しようと思います。

何か参考になれば嬉しいです。(色味はLightRoomで調整しています)

作例

作例

スナップもお手の物
広角なのに結構ボケるのも良いポイントですね。

ただし、ボケは集中腺のように少し流れているように感じます。

作例こう言った建築物は大得意です。
歪みなく撮れるのが良いですね。

作例

作例

パースが効くので、ぐんっと引き込まれるような写りになるのが特徴。

良いところ&気になるところ

良いところ

ココがポイント

  • 広角レンズなのに歪みが少ないので建造物がビシッと綺麗に映ります。
  • 絞ることで、中央から周辺まで高い解像度で撮れる

作例

作例

中央は勿論、端までカリカリ

気になるところ

ココがダメ

  • 周辺光量落ちは多少ある
  • ゴーストが発生しやすい

作例

絞っても周辺減光が解消されることはなさそう。ゴーストも出ている

光源の強い被写体だと、ゴーストが出ます。
しかも、小さくゴミのように出るので見逃してしまいがちなので気にする人は注意が必要です。

GMレンズはゴーストも徹底的に対策されている場合が多いのですが、この辺りがGMレンズとGレンズの違いなのではないでしょうか。

加えて、周辺光量落ちは多少あります。
また、絞っても完全には解消しなさそうです。

広角レンズは元々周辺減光は起きやすいのである程度は仕方ないですね。

感想

サイズ・性能・価格のバランスが良く、完成度の高いレンズだと感じました。

以前購入した35mmGMもサイズと性能は抜群だったのですが、価格が20万円超と高額です。

一方で、20mmは小型軽量にした分性能を削っているのかというと、全くそんなことはありません。
歪みの無さや周辺の解像感、広角レンズに必要なポイントはきっちりと抑えている印象です。

映り方は好みがあるので一概には言えませんが、ダイナミックな絵作りができるので気に入りました。

広角はどちらかというとポートレートには向いていないのですが、
友達と自撮りをするときなどは広く映るので重宝します。

景色やスナップをよく撮る旅行に持って行くと良い写真が撮れるのではないでしょうか。

まとめ

作例

花畑に行きたくなります

Eマウントユーザーなら、間違いなく持っておいて損はない1本だと思います。

何枚も写真を撮っていくと、たまに「この辺りはGレンズだな」と感じるときはありますが、
普通に使っている分にはGMレンズ並みのキレッキレの写りをしてくれます。

SONY純正では、現状ここまで明るい広角単焦点はラインナップされていません。(2022年8月時点)
ですので、質の良い広角が欲しいなと思っている人には是非お勧めしたい1本です。

興味があれば是非。

【35mm GM】

合わせて読む
アイキャッチ
【SONY Eマウント】10万円以下で買える、おすすめ神レンズ13選

続きを見る

合わせて読む
【レビュー】最高クラスの描画力 SONY 35mm F1.4 GM購入レビュー&作例

続きを見る

合わせて読む
アイキャッチ
【作例付きレビュー】最高にコンパクト。最高にクラシカルなレンズ『Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4』レビュー

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-カメラ
-, , , , , , , , , , , , , ,