CAMERA

【レビュー&作例】SONY 20mm F1.8 Gはコスパ最強超広角レンズ

20mmF1.8レビューTOP

https://thomsonlifelog.com

このコスパは素晴らしい・・

最近は早速レンズ沼にハマったみたいだ。
まずは標準域・・などと思っていたそばから広角レンズに手を出してしまった。

また僕の方針として、理由がない限り撒き餌レンズなどは買わないで長く使える高性能なレンズを買うようにしている。

そこで今回購入したレンズが、神レンズと名高い『SONY SEL20F18G』だ。
発売は2020年となり、最新とまではいかないが比較的新しいレンズなので、最新の技術も取り入れられている高品質なレンズだ。

どうやら一部ではGMレンズ並みと言われているほどらしい。
今回はそんなSEL20F18Gのレビューをしていこうと思う。

SEL20F18Gの評価は?

このレンズの良いところ
・小型軽量で高性能
・比較的リーズナブル
・広角の最初の一本目にぴったり

このレンズのイマイチなところ
・ゴーストがそれなりに出る
・周辺減光は絞っても解消しきらない



SEL20F18Gってどんなレンズ?

外観&内容物+レンズフィルター

箱の写真

内容物

レンズ本体

 

本体画像

フードをつけるとこんな感じ

ポーチ画像

専用ポーチはGMレンズに付属している物よりも簡素な合皮の巾着だ

レンズフィルター

レンズフィルター(別売)は必須だ

サイズ比較

35mmF1.4とのサイズ比較(左が20mm)

35mmF1.4もコンパクトだったが、20mmF1.8はさらに小さい

特徴

このレンズは何といってもその小型軽量さと価格だろう。
F1.8というそれなりの明るさに加え、高い解像力とぼけの美しさを持っているのにこのサイズと重量は驚きだ。みんなが神レンズと評価する理由はすぐにわかった。

そして価格はSONY純正のGレンズということを考えると比較的安い部類なのではないだろうか?

仕様

名称FE 20mm F1.8 G
焦点距離(mm)20
最短撮影距離 (m)0.19(AF時)
0.18(MF時)
外形寸法 最大径x長さ (mm)73.5×84.7
質量 約 (g)373
フィルター径 (mm)67

20mmとはどんな画角か

作例

20mmはとにかく広い画角で撮影できる画角だ。
遠近感が強く現れるのでダイナミックな写真が撮れる。
そして当然だが、被写体に近づけるのも広角の強みだ。

厳密な決まりはないが、いわゆる「超広角レンズ」とはフルサイズの場合24mm以下を指すことが多い。
因みに「広角レンズ」24mm-35mmの間を指すことが多い。

因みに、iPhone12シリーズのカメラの広角撮影が26mm、超広角撮影が13mmだ。
イメージしにくかったらその間で焦点距離を調節してみると良いかもしれない。

また、ソニー純正の単焦点広角レンズの中では20mmが最も短い焦点距離のレンズだ。
ズームレンズも合わせるとSEL1224GMという化け物レンズやSEL1224Gというちょっとした化け物レンズが存在するが、どちらも価格がかなり高い。GMなんて40万円だ・・

35mmとの比較

画角

20mmF1.8

画角

35mmF1.4

iPhone12ProMaxとの比較

画角比較

1×(26mm)

画角比較

0.5(13mm)

どうだろうか?
13mmは余計なものまで映ってしまう感が否めないが、20mmは非常に実用的な画角だと思う。

活躍する撮影シーン

強い遠近感を活かした建物

作例

建物を下から撮るのが好きだ

広く映せる景色

作例

街が広く映せるのがいい

作例

星景写真にも最適だろう

自撮り

自撮り画像

自撮りには最適の画角(僕は撮らないが)

寄れることを活かしたカフェや飲食店

作例

この写真は微妙だが、寄れるので食べ物なども撮りやすい。ただパースは結構効く

なぜ買ったのか

35mmに続く2本目の街撮り用レンズとして購入した。

以前、普段使い用に35mmF1.4を購入したのだが、景色や室内の写真は35mmでは物足りないと感じたのだ。
景色が広く映るのは勿論だが、室内の写真も広く映るので見栄えが変わってくる。

では20mmだけでいいのでは?
と思うかもしれないが、どうしても強くパースが付くので、パースをつけたくないときは他のレンズに変える必要がある。
物撮りは好みが分かれるだろう。

また、20mm以下の焦点距離だと映したくないものまで映りそうなのと、少しやりすぎ感のある写真になるのではないかと思ったのでこの画角にした。

最近、SONYから『SEL24F28G』 『SEL40F25G』 『SEL50F25G』というGレンズがまとめて発表された。
この情報を見て、個人的には微妙だったので20mmを買うことにした。



使ってみて

作例

作例をいくつか紹介しておこう。何か参考になれば嬉しい(色味はLightRoomで調整している)

作例

作例

作例

作例

空の青が綺麗なのはα7SⅢの豊かな諧調のおかげなのだろうか

作例

良いところ

・歪みが少ないので建造物が映える

作例

・高い解像度(かなり圧縮しているのでわかりにくいが・・)

作例

中央は勿論、端までカリカリだ

気になるところ

・周辺光量落ちは多少あるが許容範囲内
・ゴーストが発生しやすい

作例

絞っても周辺減光が解消されることはなさそう。ゴーストも出ている(コントラストを上げています)

光源の強い被写体だと、結構ゴーストが出る。
35mmGMでは今のところ気になったことはない。これがGMとの違いか。
コスパ最強レンズも完全無欠というわけではなさそうだ。

感想

サイズ、性能、価格のバランスの取れ方が尋常じゃないと感じた。

以前購入した35mmもサイズと性能は抜群だったがGMにしては安いとはいえ¥220,000だ。おいそれと買える価格ではない。

その点この20mmは小型軽量にした分、性能を削っているのかというと全くそんなことはなく妥協をしていないレンズだと思う。
そして価格を¥140,000という価格に抑えてきた。
しかもYahoo!ショッピングのペイペイ祭りで購入したので、¥90,000ほどで買えたのでなおさらだ。

広角の映り方に関しては好みがあるので一概には言えないが、僕はダイナミックな絵作りができるので気に入った。
都会でも田舎でも旅行でも、とりあえず持っていけば幸せになれるレンズなのではないだろうか?

35mmは悪く言えば面白みのない写りの画角なので、20mmは価格的にも最初の1本、または2本目にはぴったりのレンズだと感じる。

まとめ

作例

花畑に行きたくなった

冒頭でも触れたとおり、このレンズはコスパ最強レンズだと感じた。
Eマウントユーザーなら持っておいて損はない間違いのない1本だろう。

F値以外は、とても細かく見ない限りGMとの差はわからないレベルだ。
僕はまだまだGMなんて使うに値しないレベルだということなのだろう。

以前もこのようなことを言っていたが、当面は20mm35mmを街撮りで使っていきたい。
また作例を紹介しようと思う。

みんなもレンズ沼にハマってくれ



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-CAMERA
-, , , , , , , ,

© 2021 THOMSON.LIFELOG