CAMERA

カメラでよく見かける(4:2:2 10bit)って何?わかりやすく解説

トップ画像

https://thomsonlifelog.com

カメラの動画設定などでよく見かけるようになった(4:2:2 10bit)(4:2:0 8bit)という言葉

カメラを始めて間もない人は何が何だかわからないはず
実際僕もそうだったのだが、最近ようやく理解できた

そもそもどういったものか、どのような違いがあるのか
それらをカメラビギナー目線でわかりやすく解説していこうと思う

仕組みを知ることで撮影や編集の理解が深まると嬉しい

(4:2:2)と(10bit)の意味

イメージ画像

4:2:2 10bitとまとめて表記されていることが多いが、(4:2:2)(10bit)で別々の言葉だ
この二つを分けて解説していこう

4:2:2(フォートゥートゥー)

4:2:2イメージ

図は飽くまでイメージなので注意してほしい

まずこれが一番ピンとこないのではないだろうか

これは『YCbCr色空間』という情報の変換(サンプリング)方法を指している
それぞれの数字が左から『Y=輝度』『Cb=青系統の色差』『Cr=赤系統の色差』に当てはまる

また、このサンプリング方法を『クロマサブサンプリング』と呼んでいる

4:Y(輝度)
2:Cb(Chroma blue=青系統の色差)
2:Cr(Chroma red=赤系統の色差)

この数字はそれぞれ『4』が最大、つまり変換されていないRAW(生)データとなる
ということは、最大の情報量を保持したデータが『4:4:4(RAWデータ)』となるわけだ

そして、4:2:2の場合、『Cb(青系統の色差)』『Cr(赤系統の色差)』の情報が半分になっているということだ
勿論その分ファイルサイズは軽くなり扱いやすいデータとなる

なぜ『Y(輝度)』だけ『4』のままなのかというと、人間の目は色の変化よりも輝度の変化に敏感だからだ
逆に、人間の目は色差の感度は低く、差に気づきにくい
それを利用して情報を色差の情報だけ間引いているのだ

10bit

これは『色深度(bit深度)』のことを指す
『bit』とは、1ピクセル当りに割り当てる色数のこと

1bit:2×2×2=8色
2bit:4×4×4=64色
3bit:8×8×8=512色

8bit:256×256×256=1677万色
10bit:1024×1024×1024=10億7374色

見ての通り、情報量にとてつもない差が生まれる

つまり、bit数が大きくなる事で色情報量が多くなり、階調が豊かになるということだ
諧調が豊かになると、わかりやすい例だとグラデーションが非常にきれいになる

どのような差がでてくるのか

bit深度(色深度)

bit深度イメージ

bit深度が及ぼす影響は、高ければ高いほど諧調表現が豊かなので『バンディング(トーンジャンプ)』が起きにくくなる

グラデーションが綺麗な夕日などは、bit深度の影響が出やすい
というか、空は結構差が出やすいイメージがある

4:2:2

こちらは色の情報が間引かれているので、低いほど被写体のエッジがボケてくる
なので、クロマキー合成などで綺麗に切り抜きたい場合は4:2:24:4:4などの方が有利だ

4:4:4では圧倒的にきめ細やかに記録することができる

動画制作では何を選ぶべきか

4:2:2 イメージ

本格的な動画作成をするなら、編集時に劣化が起こりにくくなる4:2:2 10bit以上で記録するのが好ましいのではないだろうか
4:2:2 10bitなら、α7SⅢFX3CFexpress Type A メモリーカードがあれば記録可能だ
最新のα7Ⅳも対応している

SONY以外では、最近だと以下のような機種が4:2:2に対応している

CANONR3R5R6など
PanasonicS1S1HGH5シリーズなど

その他にも対応している機種は存在するが、ここでは割愛させていただく

ちなみに僕は基本的に4:2:2 10bitで記録しているが、
カラーグレーディングをしない撮って出しなら4:2:0でも問題ないだろう

4:4:4(RAW)について

また、α7SⅢFX3は外部記録に対応しており、ATOMOS社のNINJA V『ProRes RAW 12bit』で記録することができる

12bitというと約680億7200万色だ。意味がわかわない、一体何が起こるのだろうか・・
おそらくクロマキーのような切り抜き合成を使う場合はとてもきれいに切り抜くことができるので差がわかりやすいのではないだろうか

本気の動画制作をしたい人はNINJA VでのRAW 12bitを是非オススメする

機材マニアとしてNINJA Vは近いうちに欲しいと考えているのだが、
とにかく高額なのと、宝の持ち腐れになるのは目に見えているのでまだ買えていない
どのような違いが出るのか見てみたい

まとめ

(4:2:2 10bit)について、少し理解が深まっただろうか?
仕組みを知ることで、どのような設定で記録するのが最適なのかがわかりやすくなると思う

僕もまだ間違って認識している内容もあるかもしれない。
その時は是非コメントで教えていただきたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-CAMERA
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 THOMSON.LIFELOG