※当ブログはPRが含まれています。

ガジェット カメラ

カメラのSDカードの選び方。詳しい説明から理由まで徹底解説

スポンサーリンク

※PRが含まれています。

アイキャッチ

https://thomsonlifelog.com

メモリーカード、種類がたくさんありすぎてどれを買えばいいのかわからない。

そんな悩みを持つ方、意外と多いのではないでしょうか?

容量だけでなくUHSclassなど聞きなれない言葉も多く使われていて、かなり複雑化しています。

そこでこの記事では、代表的なSDカードを詳しく図解付きで解説していこうと思います。

どれを買えばいいか迷ってる方のお役に立てれば幸いです。

主流のSDカード4種類を紹介

まずは、現在主流となっているSDカードから紹介していきましょう。

大きく分けて4種類あります。

SDカード

SDカード

参考:SONY

最もよく見るあのカード

大体のカメラに使うことができます。
PCによっては直接させるものも存在します。

容量によってSD・SDHC・SDXCと名称が異なります。

microSDカード

参考:sandisk

SDカードをさらに小型化した物
主にGoProなどの小型カメラで使用されています。

非常に薄くコンパクトで、SIMカードくらいのサイズしかありません。

SDカードと同じくSD・SDHC・SDXCの三種類が存在します。

関連

実は、SDカードとmicroSDカードの間に『miniSDカード』という記録メディアも存在します。
現在ではほとんど使われなくなりましたが、ガラケーを使ったことのある人なら懐かしく感じるのではないでしょうか。

CFexpress typeA(CFエクスプレス)

参考:SONY

比較的最近発売された次世代のメモリーカードです。
現状、SONYのカメラでしか採用されていないので普及するかが心配です。

特徴はとにかく高速。
SDカードと比べものにならないくらい速いです。

それもそのはず。

SDカードとは異なるNVMeNon-VolatileMemoryExpress)という規格になっているのです。

実はこれはSSDで使われるもの

小さなSSDと考えると、速いのもうなずけますね。

加えてSDカードよりも小さいので、カードスロットを共通化できる強みがります。

例えばα7SⅢは、カードスロットは1つでSDカードとCFexpress typeAの両方を使うことができます。

CFexpress typeAの詳しいレビュー記事はこちら

CFexpress typeB

CFexpress typeAよりも少し大きなSDカードです。
SDカードよりもさらに大きいです。

転送速度はtypeAよりもさらに速く、主にCanon、Nikon、Panasonicのカメラで採用されています。

typeAと同じくNVMe規格

【おまけ】CFexpress typeC

typeA、Bと来ればCもあるのか?

一応あります。

typeBよりもさらに大きく名刺ほどのサイズ。
理論値ではtypeAの4倍のスピードでデータを送ることができるらしいです。

ただし、typeAなどと共に発表されただけで実物を見たことはありません。
売っているのも見たことが無いです。

SDカードの選び方を3ステップで紹介

SDカードの選び方

次に、SDカードの選び方を3ステップに分けてご紹介していきましょう。

きっとあなたに最適なSDカードが見つかりますよ。

ステップ1:カメラ側の規格とあったものを選ぶ

カード蓋内側

これを間違えるとSDカードが使えません。

どのようなSDカードが使えるのかは、カメラ側が何に対応しているかを知る必要があります。

カメラならカードスロットの蓋を開けたところなどに記載されている場合が多いです。

SDカードが使えても、SDXCまで対応していない場合があるので、説明書や公式HPで仕様を確認しておくのが確実。

記録媒体 公式HP

引用:SONY

関連

カメラの性能を限界まで引き出すには、対応しているカードの中で最も上位の種類を選ぶ必要がる場合が多いです。

ステップ2:何を記録するかで選ぶ

動画や写真など「何をどのように保存するか」によって選ぶメモリーカードが変わってきます。

下の表を参考にして、自分のやりたいことに合わせてSDカードを選択しましょう。

高速な物は快適さが別格なので、予算が許す範囲内でランクの高い物を買うのがおすすめです。

動画を撮る方や、5000万画素越えのハイレゾカメラはハイスペックな物を買っておきたいですね。

スナップショットなどの通常の写真SDHC以上
超高画素の写真256GB以上の大容量SDXC
高速連写による写真書き込み速度260MB/sなどの高速SDXC
HD画質の動画V30やV60のSDXC
高画質/長時間動画高速&大容量の『CFexpress』『V60やV90の大容量SDXC

ステップ3:容量を決める

最後に、どれくらいの容量が必要かを決めましょう。

大は小を兼ねるので大容量がおすすめです。
紛失や故障のリスクを分散させるなら少ない容量を複数持つのも良い選択肢でしょう。

画像や動画によって容量は異なりますが、大体の目安の容量を記載しておきます。

注意ポイント

  • RAW保存やプロキシ撮影で保存可能枚数は大きく変わるのでご注意ください。
  • SDカードの実質使用可能量については考慮していません。
  • 写真は1000万画素(10MP)を5MBで計算しています。
 4GB8GB16GB32GB64GB128GB256GB512GB
24MP写真約320枚約640枚約1280枚約2560枚約5160枚約10320枚約20640枚約41280枚
33MP写真約242枚約484枚約968枚約1936枚約3872枚約7744枚約15488枚約30976枚
61MP写真約131枚約262枚約524枚約1048枚約2096枚約4192枚約8384枚約16768枚
フルHD動画 60fps約8分約17分約35分約1時間10分約2時間20分約4時間40分約9時間20分約18時間40分
4K動画 30fps約4分約8分約17分約35分約1時間10分約2時間20分約4時間40分 約9時間20分

←表は横にスクロールできます→

『カメラのSDカードの選び方?詳しい説明から理由まで徹底解説』まとめ

SDカードの選び方

長くなりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。

SDカードは新規格がどんどん増えているので今後もさらに複雑になると思います。

ですが、間違いなく言えることは

「とりあえずいいやつ買っておけば後々助かる」

この記事が、最良のカード選択につながれば嬉しいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。 普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報をシェアしていこうと思います。 買って損しない物を紹介していきます。

-ガジェット, カメラ
-,