ライフスタイル

一杯で¥5,000近い価格の高級豆『コピ・ルアック』を飲み比べてみた

トップ画像

https://thomsonlifelog.com

一杯で¥5,000ほどするコーヒーをご存じだろうか

その名もコピ・ルアック
ジャコウネコの糞からとれる希少なコーヒー豆と言えばわかる方も多いのではないだろうか

今回、そんな希少な豆を会社の先輩から少しだけいただいた
物のレビューではないが、せっかくなので飲み比べた感想を綴っていこうと思う

結論から言うと、普通のコーヒーとの大きな差はあまり感じなかった・・笑

因みに今回は松屋珈琲で仕入れたそうだ

コピ・ルアックとは

コピ・ルアックとは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことだ
コーヒーの果実を好んで食べるジャコウネコは、種子であるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄する
また、排泄された豆はカフェインが半分になっている
それを現地の人が探して綺麗に洗浄し乾燥させるのだ

コーヒーの品質がずば抜けて良いから高額というわけでなく、その珍しい入手方法が希少価値を上げている

似た物だと、マッコウクジラの排泄物から稀に取れる龍涎香などもとてつもなく希少な香料だ
どう頑張っても人工的に作れない物は高くなるのだろう。動物の神秘だ



いざ実飲!

抽出イメージ

豆の見た目

豆比較

左がコピ・ルアック

豆の見た目は焙煎具合によって大きく変わるのであまり参考にならないが一応・・
因みに今回のコピ・ルアックは深煎り

せめて同じ焙煎具合で比べたかったのだが、深煎りの豆が無かった・・

香り

コーヒー粉

コピ・ルアックはジャコウネコの腸内細菌の影響で香りが独特になると聞く
豆の状態だと、バニラのような甘い香がした
フルーティとはまた違った落ち着く香りだ

しかし、淹れるとあまり差を感じなくなった

コーヒー比較

左がコピ・ルアック

さて、一番大事な味はというと

正直なところ価格程の魅力は感じなかった・・先輩すみません

飲み比べると、コピ・ルアックは少しバニラのようですっきりとしていて飲みやすい
カフェインが減っているからなのか、普段コーヒーを飲まないような人でも飲みやすいように感じた
ネットでは「野性味を感じる」と書いてある記事もあったが、僕にはわからなかった。野性味ってなんだ・・ジビエ的な感じかな

やはり豆の種類で好みがあるのと同じく、これも飽くまで一つの豆の種類なだけだ
好きな人は好きなのだろう

抽出方法の違い

ここでは詳しい説明を割愛するが、
『ベトナム式』『インドネシア式』の抽出方法がオススメらしい

特にインドネシア式は、カップに粉を入れてお湯を注いで混ぜるというワイルドな方式だから気になる

せっかくならこのどちらかの方法で抽出すればよかったと思うも、時すでに遅し
次機会があれば、このどちらかの飲み方で飲んでみようと思う(多分インドネシア)

まとめ

コーヒーイメージ

これが一杯数千円と考えると高いなぁと感じる
旅行などで思い出に飲むのが良いだろう

とはいえ、人生で一度は飲んでみたいと思っていたのでいい経験になった

コーヒー好きの人は是非一度飲んでみてはいかがだろうか
僕にはまだわからなかったが、本当に違いの分かる人なら素晴らしさがわかるかもしれない



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

THOMSON.

普段はプロダクトデザイナーとして働いております。2021年からブログとYoutubeとSNSを始めました!普段からガジェットやデザイン雑貨を買いあさっているので素敵な情報はシェアしていこうと思います。始めたばかりなのでコメントなどしてもらえるととても嬉しいです♪

-ライフスタイル
-, , , , , ,